top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 活動日記 > 9月18 • 19日 阿蘇市での活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

9月18 • 19日 阿蘇市での活動報告

参加団体とメンバー

【ZEN】
あむあむさん
詫間さん
和美さん
たまちゃん
中川さん(鹿児島在住)
健ちゃん
千馬さん
中原さん

【OPEN JAPAN阿蘇ボラベース】
たかくん
のんちゃん

2日間で計11名+うち親戚


阿蘇在住の愛です!

活動現場は、我が家です。
今回のblogは、被災者目線での報告になりますので、ご了承下さいね。


熊本地震により、
我が家が壊れてしまいました。
半壊の判定でしたが、
解体することになりました。

どうも地盤が強固ではないらしく、
次に大きな地震が来たら、
半壊では済まないかもしれないとのこと。

「大きな地震が来るかどうかなんて、
わからない。
私が生きてる間には、
もう来ないかもしれない。」

それでも決断したのは、
大切な思い出のある家を守ることより、
家族や自分の命を最優先することの方が重要と判断したからです。


災害現場で活動させて頂く度に、いつも考えてきたこと。

「もし自分だったらどうするか?」
「いかに『こだわり』を捨てられるか?」

そう考えながら、
これまで活動をさせて頂いておりました。
決断出来たのも、
それらがあったからだと思います。

それと、
現場で出逢った
ご自身も東日本大震災の被害に遭われ、
今も災害ボランティアとして活動をされている方のことば。

「災害で人命が失われるような事はあってはならない」

深く心に刻まれています。


私は、
「家族と自分を大切にする。」
でも。
「こだわり」は捨てられても、
「思い出」と「感情」は捨てられない。


災害ボランティア活動をしてきた。
震災の被害を受けてしまった。
だからどちらの思いも解る。

「助けて欲しい」けど、
「助けて」と声を挙げにくかった。
でも、自分等ではどうしようも出来ない。

プライベート空間に入られたくない。
Needsを上げれば、SNSに個人情報が流れてしまう。
でも、自分等ではどうしようも出来ない。

色んな葛藤の中、
それでも今回お願いしたのはメンバーが信用できる人達だから。

「想い」を大切にしてくれる人達だから。


Needs①
仮設住宅への引っ越し

Needs②
不要になったモノを指定の場所に搬入

Needs③
家財や次のお家で使えるモノを取り外して倉庫へ移動



2日がかりで完了して頂きました。
不可能と思われた使えるモノの解体も、
メンバーなら何とかなる!

親戚かつ建築のプロも、
舌を巻くほどに彼等の作業ぶりに圧倒されていました!
初めは一緒に作業してたのに、
いつしかおらんくなってました(笑)


改めて凄い人達なんだと、
一緒に活動させて貰えてることに光栄だと思いました。


我が家での作業を通して、
モノを移動して貰えたことだけでなくたくさんの「想い」を拾って頂きました。
更に、
次のステップに進むエネルギーまでも頂きました。




私、まだまだ頑張れる‼︎


自宅再建まで道程はありますが、
手を差し伸べてくれる仲間が居てくれることに心から深く感謝し、
私も彼等のように被害に遭われた方のお手伝いを続けて生きたいと改めて心を強く持ちました。





有難うございました。


あい
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。