top> スポンサー広告 > スポンサーサイト> 活動日記 > ええ列車で行こう 阿蘇の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

ええ列車で行こう 阿蘇の旅

風が強い日でした。めっちゃ強い日でした。

こんにちは。こちらでスコップを持つのは2回目、
今回初めてブログを書かせていただきます
大学生のちいたです(*^@^*)
ボランティア仲間のお友達を連れての参加でした。

image.jpg


今日は....古城2区のお宅にて、田んぼを耕し石を拾う作業。
以前も別の区で流木諸々を拾ったりしましたが、
こちらに堆積した土にも、大きめの石や木片が埋まっており、
重機でいっぺんにガーッと耕す訳にはいかないのです。

一度手作業でそれらを地道に取り出すことが必要なのです。

さて4列に分かれてザックザックと耕していきます。

それにしても寒い。風もあって震え上がる寒さ。

ざく、ざく、カツン

お。

げんこつサイズからその数倍の大きさまで、
ごろごろと出てくる石の数々。

掘り進めるうちに汗が出てきて半袖になります。風もあり爽やかな気候。

ですが時々、もの凄い強風に作業の手を止めて防御姿勢をとります。

とにかく辺りのご家庭の洗濯物が案じられる強風だったのです。
お手伝いしたお宅のタコ足は紐でしっかり繋がれており、
風が吹く度に柱と90度までピーンと飛ばされながらもくるくる回っておりました。
したたかです。ぐぬぬ負けぬ。

image_20130411141417.jpg


作業を進めていくうちに荷車いっぱいになる石。
その他 手袋鉄の骨組みのようなもの、
50cm四方ぐらいの大きなトタンなど 。。
わ、手作業でできて良かったな と発掘される度に思いました。

ボランティア3,4人による数時間の作業で、これだけの面積を耕しました。

image_20130411141524.jpg


作業後は、書道が得意だというおじいちゃん・笑顔がキュートなおばあちゃんに
お茶をご馳走になり、水害当日のお話などをお聞きすることができました。

image_20130411141047.jpg

image_20130411141046.jpg

image_20130411141719.jpg

image_20130411141718.jpg



復旧作業の地道さは、現地でスコップを持つと
より現実的に自らに語りかけてきます。
その地道さを感じ、また現地の空気を吸って人々と触れ合うと
災害が起きたその場所での生活について考えるようになります。

それは被災地と繋がる為の大事な一歩、新たな変化だと私は考えます。

そうした発見を 着実に広げていきたいと思い、

学生団体7.12 http://www.facebook.com/nanatenichini

といった活動を行っていますので
ZENでの活動と併せて 応援よろしくお願いします!


追記。
帰りに新しくなったとり宮さんに行って
馬ロッケと唐揚げ を美味しく頂いてきましたよ〜


image_20130411141048.jpg

image_20130411141619.jpg


阿蘇にお越しの際は是非食べてみてください。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

COMMENT

      

post comment

管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。