スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の花を咲かせよう

5月28日 29日 狩尾地区で行われた

阿蘇に希望の花を咲かせよう!
2万本のひまわり開花大作戦~大種まき大会~

に参加させていただきました。



報告遅れ気味…give me 時間 せんばです。

地元の方を中心にボランティアとで地域に明るい元気を!ということで、ひまわり畑を作り笑顔の種まき。
ZENのひまわり大作戦の種も提供させてもらいました。
種まき前から満開色のシャツ…種まきの説明中です。



地震により亀裂が入り田植えできなくなってしまった田んぼ…



そこに2万本の笑顔の花が咲きますように!

小雨の中 佐藤よしおき阿蘇市長も参加、地域の方との時間も大切にされています。



直接現場を見て感じながら声も聞く、嬉しいですね!

僕もいろいろとお話してきました。



ここ狩尾地区にも地震による大きな地盤の沈下があります。
酷いところでは1.5mもの段差ができているとのこと…



罹災証明の一部損壊判定でも宅地などが危険な状態で住むのが困難な方への対応などの話。
建物の外見の判定だけで実状と著しく異なる場合は、大規模半壊や全壊と同じ援助などが受けられるようにもっていってる。
あまり前例もない事なので法 • 条例などから変えて作っていくしかない。
みたいなことを力強く語りあってきました(笑)
その他にも阿蘇市内でも多く見られる大きな亀裂の事やら。
楽しかったです、ありがとうございました!
それとやっぱり梅雨の水害が心配だなぁって…さらなる被害が出ないよう出来ることから動いて、祈るばかりです。



もちろん佐藤よしおき阿蘇市長も一緒に、ワイワイと。



パラパラ雨の降る中、一人一列ずつ種をまきます。



想いを込めて、名札付きで愛着も。




この畑にも大きな亀裂 爪痕が…毎日新聞さんが取材で写真を撮っていました。

地元の方の声も記事になっています、雨の中お疲れ様でした!

種まき終了後は、地震後炊き出しや避難者への支援をいち早く動いてらっしゃる阿部食堂へ。
地域の方とのコミュニケーションが何よりも一番の大切な時間です。

高菜おにぎりやお漬物
阿蘇の誇る特産品 阿部牧場の ASO MILK
各地からZENに支援物資として提供していただいたカップ麺やお菓子などを囲み思いを語り合う。
地震から今までのお互いの動きやこれからの梅雨のこと、そして遡って九州北部豪雨の時のことも。



この地区 地域や住民の事をしっかりと把握してらっしゃる阿部さんは元レスキュー隊員、九州北部豪雨の時には各機関まとめ最前線で動いてらっしゃったそうです。
今回の地震でも真っ先に避難されている方達や、各地からの応援も受け入れ支援を続けてらっしゃる上に 断層や亀裂を見て回り今後のことも考えて動いている…この地区にとっては欠かせない柱のような方なのかも。
今回、阿蘇市長ともたくさん意見交換できてらっしゃいました!



ひまわりと同じようにそちらの芽も出てきて花開くこと、それも阿蘇にとって大きな希望になっていって欲しいです!

たくさん食べてたくさんお話できました!
地震後始めての阿蘇、人の強さや暖かさにふれ もっと好きになりました!

みなさんお疲れ様でした、そしてありがとう!

せんば
スポンサーサイト

2万本のひまわり開花大作戦

おはようございます

5/29
狩尾地区にて
ひまわりの種まきをされると言う事で
種をお渡しする事が出来ました。
また、ひまわりの種まきも一緒にしたいと思います

朝9:30〜受付ですので
ベースから9時に出発と言う形をとります。
よろしくお願いします

5/29(日)
10時〜12時
受付9時30分〜
サロンド・ポロ前に集合
阿蘇市狩尾846-6
開会式10時
種まき方法説明10時10分〜
種まき10時15分〜12時

一緒に種まきしてくれる人は是非、ご連絡くださーい!


6月4日
のUEさんがされる1000人田植えも
田植えボランティア 運営ボランティア
共に募集されてます。
ZENからも参加させてもらいます。
こちらも、一緒に出来る方は連絡ください!


昨日の会議
1000人田植えはまた改めて連絡します!

aso 花の力

最近のこととイベントのお知らせ

最近のことと
復興イベントのお知らせ

ひまわり大作戦でお世話になった
ジョッキーさんに
ひまわりの種をお渡し(お返し)することが出来ました。
常総市でもひまわり畑を作るそうで、
少しだけですがお渡し出来ました
ありがとうございます
常総市でも満開の笑顔が咲きますように

災害ボランティア会議
に出席して
阿蘇市に入っているボランティア団体の近況報告
活動内容の把握をしました。
まだ会議も二回目と言う事もあり
探り探りの会議ですが
支援の仕方は違えど
阿蘇の為に
と動いてるみんなが
ちょっとずつ情報を共有するしながら
お互いに協力しながら
阿蘇に一緒に頑張れたら
と思います。

センバさんのカブ号を
南阿蘇で活動しているみんなの所に貸しました。
せんばぁさん、快く貸してくれてありがとう!
庄子さん、とおるちゃん、センバ号を直してくれてありがとうございました!
南阿蘇で大活躍してる事だと思います

また、先日はスマートサプライのセミナーに出席
ネットを使った支援
必要な支援を
必要な人に
必要な分だけ
という支援システム
物資やボランティアのニーズ
もスマートサプライで出来るそうです
そんな支援だと無駄が省けそうです

きゅうきゅうですが
5月29日(日)は
狩尾地区でひまわり20000本を咲かせる為の種蒔きが有ります。
ZENからもお手伝いが出来ればと思います
そして、ZENのひまわりの種をお渡しし、種を一緒に使って頂ければと思います

6月4日はUEさんが1000人田植えを狩尾地区でされるそうで、こちらもZENからお手伝いが出来ればと思います

イベントの詳細はまた改めて連絡します。


現場での活動もまだまだ必要ですが、
阿蘇だから出来る支援の形 復興の形があると思います。


土日に活動される方も随時募集中です
参加される方は是非、コメント メッセージ
よろしくお願いします

明日の活動について

活動された方もそうでない方も
今日1日お疲れ様でした。

明日の活動に参加される方は
車帰公民館に8:30に集合してください


これから暑い日が続きますので
早めの休憩 十分な補給
を意識して活動されてくださいね

明日もよろしくお願いします。

いくちゃん*

これからのこと

【これからのこと】


今晩和っ!
活動された方、そうでない方
お疲れ様です!

これからのZENの阿蘇での活動ですが
基本的に土日を活動日にします。
YMCAさんとKBF一緒に活動させて頂きます。
また、これからはYMCAさんKBFさんと連携して
活動していく事になりました。
平日の活動参加の方は直接YMCAさんにご連絡をよろしくお願いします。
土日参加される方は毎週金曜日迄に人数把握の為、メッセージ、コメントを頂けると助かります。
よろしくお願いします!
また、併せて平日組のメンバーは古城パトロール、車帰パトロール等を行います。


今日は朝から、KBFの中坊さんとトムさんと、これからの事について、ちょっとしたアドバイス頂いたり。

ステップアップ

が必要!
改めて思いました。


明日は第2回阿蘇市災害ボランティア連絡会議があります。
阿蘇に入られてる団体さんと意見交換して
色々と吸収し、ZENに持って帰りたいと思います



最後になりましたが
避難所の子供に配って欲しいと
中園愛衣さんと、賛同して頂いた方より
お菓子とおもちゃ
向井義光さんより土嚢袋とブルーシート
株式会社大伸さんより土嚢袋
頑張りよるよ星野村 のゲンさんより
お水と補助食品等の物資
中川陽平くんより
ブルーシートと土嚢袋、ロープ
が届きました!
本当にありがとうございます。

今やれること



発災から1ヶ月が過ぎた5月15日

福岡から泊まり込みで活動されている方を含めて5名で

熊本市南区城南にあるお宅へ

危険

熊本県内のあちらこちらに貼られているこの紙

「応急危険度判定」といって

大地震により被災した建築物を調査し 人命にかかわる二次的災害を防止するためだそうです

判定結果は建物の見やすい場所に表示され 居住者や付近を通行する歩行者などに

その建物の危険性について情報提供しています

これらの判定は 建築の専門家が個々の建物を直接見て回るため

被災建築物に対する不安を抱いている被災者の精神的安定にもつながるといわれています

ということを日本建築防災協会は書いているのですが

それまで住んでいた自分の家に いきなりこのような紙を貼られて

精神が安定する人がどこにいるでしょうか!


このような貼り紙をされたら 社会福祉協議会が派遣する

一般ボランティアは活動することができません

しかし 余震や雨の度に 朽ち果てていく我が家を

黙って見ているのは忍びありません

幸いに離れの小屋と建て増しをした子供部屋の被害が少なく

その2ヶ所に家財を運び込んで保管するために

まずは小屋の屋根から応急対策を施しました

屋根1

大きな揺れでずり落ちてしまった屋根瓦

使えるものを集めて並べます

屋根2

素人の手探り作業ですから画像の拡大は禁止です(笑)


瓦

この上からビニールシートで全体を覆います

ブルー^シート

土のうや紐で風に対する対策をして完了です
引き続き 建て増しした子供部屋の作業にかかります

si-to.jpg

こちらは瓦の損傷も比較的少なかったので短時間で完了

最後に母屋部分の台所付近

以前にシートで覆って応急処置はされていたのですが

雨が降ると屋内で傘が必要なほどの雨漏りがするとのことで

今回さらに補修をいたしました

しーと3

このあと大きな家財道具や冷蔵庫などをシートで覆った部屋へと退避させ

この日の活動は無事に終了しました

昼間の最高気温が30度を超えた熊本市

さらに屋根瓦の熱気も加わり汗だくの作業でしたが

依頼主さんのダジャレに癒されました

今回の現場はZEN農林大臣が生まれ育ったご実家

まさにふるさとである場所がこのような姿となり

その心中は想像するに余りあります


私事で恐縮ですが 発災以降つい先日まで

職務により職場に拘束され続けた日々でした

そのとき私は 激甚被災地のすぐ近くにいて何もできない悔しさで

自分自身が潰れそうになりました

そのとき心の支えにしたのがこの言葉です


今やれること
(画像提供:須永博士美術館)

泊まり込んでいる職場の中に何人もの被災者がいました

自宅が住めなくなった人もいます

その方々に対して国や自治体などの支援制度を提示したり
新聞記事を切り取って掲示しました(ZENでやっていたように・・・)

さらに心が疲れている人には 手助けとなるような書や詩集を並べました

数週間 非常用の糧食ばかりだったので
自宅に戻ったときは 道の駅で野菜を買い込み
職場でサラダにして提供しました

そうやって そのとき出来ることをやった数週間

職場の前にある印刷屋さんで
こんな張り紙をみつけました

がんばるばい

神戸も、東北も、がんばる勇気を見せてくれた

今度は、僕たちの勇気を見てもらおうよ

がんばるバイ熊本


これを見たとき 自然と涙があふれました

そう 全国各地でたくさんの災害が起きています

でも どの被災地も みんなが力を合わせて

見事な復旧・復興を続けています

まだ余震が続く熊本ですが

全国各地から大勢の方々が支援に訪れています

たとえどんなに時間がかかっても熊本は復活します

ほんとうに微力ではありますが

その日が訪れるまでZENは応援していきます

これまで同様 皆様のご支援ご協力を

お願い申し上げます

どぎゃんかなる


約1ヶ月の間 職場に拘束されたあむあむでした。

PS. しゃっちょさん 記事の更新が遅くなってスミマセン。
   何故かスマホからアップができなくて、やっとPCから作業しました。








西原村での活動報告



暑い一日
アツいメンバーで
熱いコーヒーを飲む
熱中症を心配する厚い男、せんばです。

予定通りに9時に集合して家財の運び出しをしました。
今日は福島からお一人、いつもありがとうございます!



福岡と甲佐、大津から1名ずつ。
阿蘇市から2名、そして熊本市からも2名の合計8名での活動。

築152年のこのお家、2度の大きな揺れによって大きく歪んでしまってます。





梁や柱の歪な角度…



床も抜けていたり、浮いていたり



天井も落ちてきています。



大変危険なので、全員ヘルメット • 安全靴などの装備をしての活動です。

お家の裏の斜面、



コンクリートでがっちりしてあるようですが…よくよく見てみると亀裂が入って割れていたり、大きな隙間ができてしまっていたり。





登る階段も割れて落ちてます。





地震がおこる前はこんな波うってなかったと思う…とおっしゃってました。



余震やこれからの大雨でさらなる被害が出ないことを祈るばかりです。

取り壊しが決まっているので、中にあるものを出して使える物を雨をしのげる所へ 使えなくなった物は分別して2トントラックでゴミ出しへ。





大きな家電や家具類 • 危険な割れ物類を全部片づけて、明日以降にボランティアセンターからきた方達やお家の方達のやりやすいようにしておく。





今後、軽トラでも運搬しやすく。
これからの事も考えて、車の通れる • 置けるスペースも確保しておいて、物干し台も日当たりの良い場所に設置。



阿蘇の水害で出会いそれぞれボランティア活動してきたメンバー達、声かけあって アイディア出しあって進めていきます。

お昼や休憩時間、仲良くお湯を沸かしてみんなで分け合う。



話はこれからのこと。
あまり大きなことや凄いこと、派手なことはしていないZENのメンバー達。
自分達にできることは何か?と考える。
みんなの想いは最初の頃とあまり変わらないようでした。



細く長く寄り添うかたち。

明日や明後日、もう少し先のことも…そういう事も一緒に考えながらやっていくこと、それが「ZENにできること」なのかも。


休憩中ちょうど村内放送で身体をほぐすラジオ体操が流れ始めました。
みんな体が反応して体操を開始、暑い中疲れた身体…容赦無く体力を奪われます(笑)



それでもお家の方も笑顔でわいわいしながらリラックス • リフレッシュできました。
この放送、すごくいいと思います!

最後はお忙しい中トラックできてくださった事への感謝を込めてお掃除を。



ありがとうございました、かなり片付きました!

みんなでお疲れ様をしていると、水害のときにベースキャンプで一緒に過ごしてたハットリさんがこの地区にも物資を配って下さいました。





苺やトマト、ありがとうございます!



久しぶりの再会、偶然なのか必然なのか(笑)僕は広島ぶりですごく嬉しかった!
しばらく熊本で動いてくれるみたいです、また会えそうですね。

帰りにお世話になってる たんぽぽハウスさんへ顔を出してきました。



みなさんご自宅が被災されている中、炊き出しや物資を配ったりの支援をしてらっしゃいます。
僕も車に乗せられるだけ、物資を分けてもらいました。
現場で使ったり、必要なところに置いてきたり、ご近所さんへ配ったり…僕たちにできるかたちは、行った先で今 何が必要かを直接見て聞いて手渡しできるということ。
こうやって支えて、できること 範囲を増やしてもらえるという心強さ…
お互い身体壊さないよう気をつけましょうね、ありがとうございます!

明日も城南町で朝からの活動です!
早めに寝ます(笑)
みなさんお疲れ様でした、ありがとう!

せんば

物資の提供 ありがとうございます

池田親生さんに資材など相談を持ちかけると、ボランティアヴィレッジに呼んでいただきすぐに提供してくださいました!







少しだけしかお話できなかったですけど、街づくりという形からの活動も考えていたり…大きいです。

僕らは災害復旧のお手伝いから防災 • 減災へとつながれば…そんな思いで活動してゆきたいです!

早速活動に持って行かせてもらいます、お忙しい中ありがとうございます!





日曜日の城南町での活動は、
朝の9時 「火の君文化センター」集合です。

よろしくお願いします!

せんば

5月14日の活動について

今日も1日お疲れ様でした!
各地でボランティアされたみなさん
ありがとうございます


さて、明日は
阿蘇は車帰地区の継続です!
7時にベース集合
若しくは
8時に車帰公民館によろしくお願いします!


また、本日は
頑張りよるよ 星野村
の山口さんがブルーシート等、物資を届けて頂きました!
本当にありがとうございます!

また、明日も活動される方は怪我・事故の無いように
どうかご安ZENに!

これからの活動について

今晩和!あめが、きになりますね

先日は、阿蘇市の宮崎さんより
お水を提供して頂き
本当にありがとうございます!
また、山口のみささんから、土嚢袋を頂きました。

本当にありがとうございます

これからの活動のことについて。
阿蘇での活動は
YMCAさんとの一本化になります。
また土日を中心にとした活動になります。
今は場所を車帰地区に重点してやってます。

また、メンバーでも被災している人もいるので、ZENで募集して、メンバーのお家もお手伝い出来ればと思います。

さて
今週末の活動です!
①5/14・15 阿蘇 車帰地区での活動

②5/14 メンバーでもあるHKちゃんのおばあちゃん(西原村)の荷物の搬出 移動
人数は5人程度 男手があると助かります!
ついでに軽トラも!

また、ゆくゆくは宇土のだじゃれおじさんの実家
益城のマスターのお家もお手伝い出来ればと思います。

今週末は
阿蘇にこれるよー
西原村にこれるよー
そんな人は是非とも人数把握の為、コメントかメッセージをよろしくお願いします

また、物資が不足してるので
物資の提供もよろしくお願いします

いくちゃん

熊本県阿蘇市一の宮町宮地1895〜4
阿蘇災害ボランティアベースZEN

GW 城南町での活動報告

毎日ではありませんが活動中、せんばです。

先日から継続して城南町にあるカイさんのご実家です。

声をかけ合い、

大分からタクマさん
阿蘇からあいちゃん
甲佐のたまちゃん
大津のダンディ西嶋氏

が 駆けつけてくれました、ありがとうございます!



それに熊本市の僕と宇土のカイさん、住人で避難中の姪っ子さんで片付け。

連日の強風で屋根のブルーシートがめくれてきてたので、雨漏りを防ごうと紐と土嚢で前よりもガッチリと補修。





雨漏りがひどかった所は特に気にかけながら張り直しを。




お昼に姪っ子さん達からたこ焼きと回転焼きのありがたい差入れも。

この地震を経験しているみんなの体験や思いを語り合う。



それぞれの場所 • やり方 • 時間 • 境遇の中、みている先はきっと同じ。
同じ想いだからこうやってまた会えるんだと思う。


屋内も使えなくなったものを出しながら通路をあけ片付けてゆく。
一部屋ずつ、少しずつ片付いてゆくともうちょっとだけ先が見えてゆく。





進んだ分だけ心が少し軽くなって、気持ちが前向きになってもらえたら嬉しいです!






連休後半になり、南区城南町では災害ゴミの回収が回り始めているようでした!



ちょうどゴミを持って行った時にパッカー車が来ていたので、直接回収してもらえました。



お疲れ様です、ありがとうございます!

これで離れた仮置き場まで行かず、近くのゴミ捨て場に出せるので効率が良くなります。
使えなくなったもをどんどん出して、小屋を片付け。



スペースが確保できたら、まだ使える家財を小屋に一時出して置けます。 これで家の中の作業が進められるようなりました。



ダメージを受けてしまったこの家の状態で、どの程度復旧していけるのか…思い入れや経済的なことなど判断が難しいところです。

先日の激しい雨と風で屋根の応急手当はしてはいますけど、損傷の激しいところは雨漏りを防ぎきれていない状態でした…気になる。


使うことができる部分と物を選択して…という形で進めていきたいと思います。




この熊本市 南区 城南町、連休中に何度も活動に入り動いてみましたけど一度もボランティアセンターからの方を見かけることがありませんでした。

高齢者だけでの片付けをしているお家も多いように見受けられます。お隣さんやお困りのところをちょこちょこお手伝いしてはいますが…今後ボランティアセンターから来ていただけるのかは…


自分たちにできることを考えながら、少しずつでも出来ること 範囲を増やしていきたいです。



今週末、15日の日曜日に納屋と離れの補修 • 納屋への家財の運び出しをしようと考えています。



天気も良くなりそうです4~5人いるとはかどります。
一緒に出来るという方はご連絡、よろしくお願いいたします!

県内外各地から駆けつけて下さって、ありがとうございました!
ぜひまたご一緒しましょうね!



一歩ずつ前進、せんばでした。

支援物資について


【5月8日】
雨の季節が迫ってくる中、屋根や家屋回り • 隣接する斜面の手当てを必要としているところが多くあります。
被害の範囲が広く大きいためか、業者さんへと依頼していても梅雨に間に合うところは…家屋内外の片付けに併せて応急手当てでもしておきたいという声も。
手伝う際、資材

「強度のある面積の広いブルーシート」
「土嚢袋」
「ロープ」

の調達が難しいところもあります。
被災者や活動資金 • 活動メンバーの手出しでは限りがあり、場所によっては品薄、役場や避難所窓口などで支援物資をお願いしても個人への配布がなかったり…

阿蘇市の山沿いの古城1区などでいまだ水が濁っているところへは、水を届ける支援も続けていっています。

資材 • 水のZENでのストックも無くなっていっている状況です。
団体という形で物資の申請なども試みていってはみますが、個人などからの支援 • 提供もいただけると助かります。

今回の熊本 • 大分での地震、ZENに集まるメンバー自身被災を経験し阿蘇以外でも各地でそれぞれのまわりから支援活動をしていってます。
被害の状況、求められる支援のかたちは様々ではありますが 今後も梅雨に備えるということで人的被害 • 家屋の被害を未然に防ぐことができればと活動してゆきたいと思っております。

日々の復旧活動の中で防災 • 減災へと…後押し、よろしくお願い致します!

〒 869-2612
熊本県 阿蘇市 一の宮町 宮地1895-4
阿蘇災害ボランティアベース ZEN

本日も引き続き

おはようございます!


本日もよろしくお願いします!

本日も引き続き、車帰公民館に8時に集合です!
よろしくお願いします!


活動される方は、どうかご安全に

明日も引き続き!

今日も1日お疲れ様でした!

明日も引き続き、車帰地区での活動になります。
まだまだ人手が足りてません。
明日、これるよー!
って方は
朝7時にベースか
朝8時に車帰公民館
に集合してください!

よろしくお願いします!

今日も1日お疲れ様でした!

ボラセンは閉まりましたが‥

おはようございます


先日で阿蘇市ボラセンがしまりましたが、
まだまだ、人手がたりません

立野地区や車帰地区にはあんまりボランティアが入っておらず、人手が足りてない状態です

今回はユナイテッドアースさん、YMCAさんと協力してやっていきたいと思います。

まだまだ助けが必要な方がたくさんいらっしゃいます。
皆さんの力が必要なので、力を貸してください!

よろしくお願いします。

手をとりあって

地震で被災、自身も被災
お久しぶりですせんばです、無事です。

熊本市城南町にお手伝いしてきました。
ZENにいつもいるいくみちゃんのお友達のほうからご相談があっての出動です。
ここの地域は日奈久断層があるようで、かなり揺れたと地元の方たちもおっしゃってます。活動中の移動で少し見ただけでも家屋の被害も多数見られます。



何度かお手伝いさせてもらっていて落ちた瓦やガラス • 壁の片付け、納屋 • 倉庫の散乱した物の搬出など少しずつ進めてだいぶ綺麗になってきました。
ゴミ捨て場(ゴミステーション)はいっぱいで置けないため、ゴミ類はトラックに積んで仮置き場へ。





道も狭く少し小さめなのでどうしても待ち時間が長くなりますが、係の方たちは休みなく動いてらっしゃいました。



お疲れ様です!
片づいていくと気持もスッキリとしてきます。



屋内はご家族で進めていて、気になるのは崩れた石垣や石碑。





技術や機材が必要となってきそうです…

近くのご実家に来ていたZENお馴染みの宇土のカイさんと合流して、にぎやかにランチタイム。
九州北部豪雨からの仲間たち。



お互いの状況など話せる時間、被災された方ともこれからのことを話せる時間。
僕たちも自宅や職場、大切な人たちが被害にあっていてやること 考えることも山積みのこの状況で自分たちにできることとは…話は尽きません。

午後からはカイさんのご実家(城南町)を見に。



赤い紙が貼られていました。
瓦が崩れ落ちて建物も歪んでます。



室内も天井が落ちてきていて光が漏れて、雨の時は雨水も…







ブルーシート張りが途中だったので全体が覆われるよう応急手当てをしてきました。
ここ城南町では役場や避難所など行ったり来たり問い合わせたのですが、ブルーシートの配布は個人へとはできないとのこと…ホームセンターで調達です。





ここに住んでいた義理のお姉さん家族が現在入院と避難生活中…ここをどう片付ければよいのか?家はどうしてゆけば良いのか…なかなか見えてこない状態のようでした。
まず使える物を運び出しやすいよう、片付けのさい余震など考えられるので安全の確保が出来るよう一緒に進めていきたいと思いました。
城南町は熊本市ボランティアセンターから距離もあり、サテライトもたっていないみたいです…
センターへ問い合わせても、現地を見にこられてるスタッフさんにお願いしてもお断りされるケースもあるようでした。



いつも明るく冗談を言って笑顔をふりまくカイさんが、声を震わせ瞳も潤ませながら話す言葉に僕は何も返せなかった…

なんとかこの状況に光が射すように
そしてこの地域にも光が射すように



せんば
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。