スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速報!

みなさま こんにちは

ついさきほど 宇土市のKさんから
こんなお気持ちをいただきました

P1010781.jpg

採れたてのメロンです

規格外で出荷できないものだそうですが
なかには こんなユニークな形のものも・・・

P1010783.jpg

こんなの絶対に市場では見ることができません

このお気持ちを 土曜日にZENへ届けます

土曜・日曜に訪れた方には
このメロンをお土産としてお渡しできることと思います

ぜひ 是非 ゼヒ ZENへお越しください!


今後の予定 (以下引用)

さて、今後の予定です
来週は天気が良ければ仮設に住まれてる方の資材(材木)の整理、移動が待ってますょ!

①資材(材木)の整理、移動。
日時:6月1日(日曜日)予定
 場所:古城地区(手野)
 内容:被害に遭われたお宅の前に置いている資材(材木)を裏の敷地に移動させる作業。
 希望:男性陣が多いとありがたいですが勿論女性も大歓迎!やれる事が色々多いようです
(日中仕事で忙しい依頼者ですが作業を行う際は一緒にされる為、前もって仕事を変わる方を探さないといけない為、調整が必要のようです)
 
②災害ボランティアセンターの設置の訓練
 日時:6月8日(日曜日)10:00~14:30
 場所:内牧地区(阿蘇市社会福祉協議会内)
 内容:災害時に災害ボランティアセンターを立ち上げる際、運営側として何が必要か、どの様な対応をしなければならないのかを訓練する
 希望:災害ボランティアセンターに興味のある方、防災に興味のある方。男女問わず どなたでも。※多少人数制限があります。参加したい方はお早めに。
 (センター運営、サポートに関わる事で見えて来る地域の問題などを考えさせられるいい機会になると思われます。)


6月1日の活動に参加される方はご連絡のほどよろしくお願いしますm(__)m
08042722320



本日 メロンの撒き餌をしたのは あむあむさんでした
週末ZENでお待ちしております!
スポンサーサイト

月曜日はパソコンの日



今日和!


5月最後の月曜日
今日も元気に相方のHKちゃんと二人で仲良く活動します
今日は午前中だけ!


朝まで作業してたであろうトムさんが寝てるのを横目にワイワイガヤガヤ言いながらパソコンに向かい、宿題の記録集の体験談をレイアウト
二人ともパソコンが苦手なので、
あーでもない、こーでもない。
この魔法のステッキを使ったらどうにかなるかな?
この鋏は?
ここはこうやるんだってょ。
なんて言いながらやります。


二人だから出来ること
二人しか出来ないこと
やれることをやる


気づけば5月も終わりの週です
カレンダーには
[ひまわり大作戦 種まき予定]
なんて書いてあるのに、ひまわりの種の選別が遅れたこともあり、まだ自分達のひまわりの事が何一つ出来てません…
トムさんにアドバイス貰いながら二人で決めた事は

ひまわり大作戦を7月の連休中にする予定

だと言うこと

場所はこれから畑のオーナーと交渉したいと思います。

今年は去年、阿蘇で咲かせたひまわりの種と、九州北部豪雨災害で被害にあった福岡県柳川市のひまわりの種も仲間入りです!

今年は去年に比べたら畑の規模も小さくなるかもしれません。
みんなが無理なく、楽しみながら、笑顔の種まき、お世話をする事を一番に考えると去年よりも畑の規模を小さくする事も考えてます。
勿論、阿蘇を元気で笑顔の夏にしたい!と言う思いは変わらずに。




最後になりましたが、石巻に送った高菜の新漬けが牡鹿半島のわかめになって返ってきました。
いつもFBでイイネを押してくれる、まりこちゃん、ありがとうございますm(__)m
美味しく頂きます♪


さて、今後の予定です
来週は天気が良ければ仮設に住まれてる方の資材(材木)の整理、移動が待ってますょ!

①資材(材木)の整理、移動。
日時:6月1日(日曜日)予定
 場所:古城地区(手野)
 内容:被害に遭われたお宅の前に置いている資材(材木)を裏の敷地に移動させる作業。
 希望:男性陣が多いとありがたいですが勿論女性も大歓迎!やれる事が色々多いようです
(日中仕事で忙しい依頼者ですが作業を行う際は一緒にされる為、前もって仕事を変わる方を探さないといけない為、調整が必要のようです)
 
②災害ボランティアセンターの設置の訓練
 日時:6月8日(日曜日)10:00~14:30
 場所:内牧地区(阿蘇市社会福祉協議会内)
 内容:災害時に災害ボランティアセンターを立ち上げる際、運営側として何が必要か、どの様な対応をしなければならないのかを訓練する
 希望:災害ボランティアセンターに興味のある方、防災に興味のある方。男女問わず どなたでも。※多少人数制限があります。参加したい方はお早めに。
 (センター運営、サポートに関わる事で見えて来る地域の問題などを考えさせられるいい機会になると思われます。)


6月1日の活動に参加される方はご連絡のほどよろしくお願いしますm(__)m
08042722320



いくちゃん*

避難訓練

みなさん 一週間のご無沙汰でした
このことろブログ担当大臣が定着したあむあむです

本日もトムさんと2人の活動と相成った
阿蘇災害ボランティアベースZENでございます

いつものように・・・
と言いたいところですが
本日は 朝から阿蘇市主催の避難訓練が行われていました
朝からトムさんは視察に向かわれたのですが
私は ベースの玄関の様子に心動かされ

P1010761.jpg

簡単な掃除を始めました

するとスマホから聞きなれない音が・・・

阿蘇市から発信された「緊急災害メール」でした

P1010778.jpg

玄関周りもキレイになったところで
わたしも主会場である一の宮中学校体育館へ

P1010770.jpg

会場内にはパネルによる解説が設置され
スクリーンでは 災害当時の様子が放映されていました

P1010765.jpg

2年近く前の映像を改めてみると
その被害の甚大さに目を奪われ
認識を新たにしました
風化を防ぎ 災害に対する備えをするうえでも
梅雨前のこの時期に行う訓練は意義深いものがあると感じました

そのあと 県の防災担当と砂防ボランティアのお二方の
講話がありました
そのなかで印象に残ったのは
阿蘇の外輪山は 全てが土砂災害危険区域であり
常に危機感を持たなければいけないこと

自助(一人ひとりの個人)
共助(地域としてのつながり)
公助(行政の取り組み)
この3つが一体となった防災体制が何より大切

まだ隣が避難していないから大丈夫ではなく
自分が率先して避難することで
周囲の人々の避難を促すことで命が救える
先ずは進んで避難すること
というお話でした

人間は本来 その行動力を高めるために
危機的状況に対する記憶は
短時間で失われるようにできているそうです

だから 過去の災害の教訓が生かされないのですね
皮肉なことです

東北の「津波てんでこ」ではありませんが
たとえ家族がバラバラであっても
避難していることを信じて
先ずは自らの命を守ることを最優先に考えることが大切です

これらの催しが行われている最中
屋外では 婦人部の皆さまが炊き出しを行われていました

P1010764.jpg

一人分(1合)の米が入った特殊ビニールパック
これを40分間熱湯に入れるとご飯が出来上がります
個別包装なので 「泥水」しかなくても調理ができるそうです
また 包装用のビニールは 開いたら「食器」に早変わり
まさに災害用です

今日の炊き出しはここまでで
出来上がったものは お土産にいただきました

P1010772.jpg

このお土産をお昼にいただいて
午後からはKirokuプロジェクトの作業

P1010773.jpg

一つ一つの画像にコメントを加えていきます
このとき 当の依頼人は・・・

P1010774.jpg

連日の徹夜に近い作業で仮死状態(笑)
無理もありません

P1010780.jpg

コレです!
出来る人がやればいいのです

そして夕方は NO作業

P1010776.jpg

野菜の苗を植えて 水をやり

P1010777.jpg

実りを祈って収穫を心待ちにします

先日耕しているときに出てきた瓦や石たち

P1010763.jpg

こんな悪条件のなか
こちらはもうすぐ収穫を迎えそうです

P1010775.jpg

ビールとよく合うこいつが食べられるのは もうすぐです!


今週もブログを書いたのは あむあむさんでした
そろそろ違う人の記事が読みたくなりましたでしょ!
希望者は ZENへ急げ!(笑)


ボンジュール!

このところ 罰ゲームのように毎回ブログを書いている「あむあむ」あるね
今日は豪勢な料理を食べたので 言葉もおかしいあるね
めんどくさいから 土曜日と日曜日の記事をまとめて行っくあるね(笑)



先ずは5月17日土曜日

週末だというのに またまたZENを訪れたのはお一人様
午前中は 昨日トムさんが買ってきた野菜の苗をベースの畑に植え付けました

moblog_306e6770.jpg

プチトマト なす ピーマン

そして

moblog_ef9da7e6.jpg

チンゲン菜の種をまきました
名付けて「NO(農)作業」(笑)

お昼ご飯のあとは Kirokuプロジェクトの作業

moblog_1d8d5e8b.jpg

moblog_111a7c5a.jpg

レイアウトの編集やインタビューの文字起こしを黙々と
ときにはブツブツ言いながら行いました


日付が変わって5月18日日曜日

この日ZENを訪れたのは 熊本市内のHさん 大津町から初参加のTさん あむあむとトムさん
なんと4人もの大人数が集まったので 久々にラジオ体操をやって現場へ出動!

moblog_6b67c712.jpg

本日の現場は 以前からお手伝いしている古城のお宅の畑再生

moblog_aedd1717.jpg


到着した時 すでにお父さん一人でハウスの骨組みをこれだけやられていました
私達がお手伝いしたのは その横の土地の石ころを拾い上げる作業

moblog_1b3d6d6c.jpg

横一列に並び 一斉に拾い進めていきます

moblog_5cc2c64c.jpg

その後をトラクターで耕して また石を拾い集めます

moblog_0fbad4ca.jpg

その繰り返しで これだけの農地が出来上がりました
(まだ完全ではないでしょうが・・・)

moblog_355e678a.jpg

2時間足らずの作業で こんなにたくさん集まりました

この作業中にふと考えたこと・・・
目に見える石はこうして拾い集めることで無くなっていく
しかし 目に見えない放射線は いくら除染をしても また増えることもある
第一 どれだけきれいになったのかが確認できない
目に見えない恐怖と臭わないもどかしさ・・・

だけどこの石も 災害がなければここにはなかったはずのもの・・・

などと考えながら ひとつ一つ拾ったあむあむでした


さて 午前中の作業を終え ベースへと戻る途中
高田住宅で炊き出しのイベントをやっているということで様子を見ることに・・・
どんなものかとちょいとお邪魔するつもりが

moblog_cd9dea98.jpg

こんな豪華な おフランスの料理をごちそうになりました
仮設住宅横の芝生にイスとテーブルが並べられ
さながらマルシェの装いです
器は簡素なものですが 阿蘇市内のホテルや旅館の料理人の皆さんが
食材を持ち寄り ご自慢の腕を奮った本格料理です

住宅の皆さんもたいへん満足されていたご様子でした

とてもおいしいものを戴いたメンバーたち
そのまま帰るわけにもいかず お片づけのお手伝い
「(食べた量に比べると)これだけじゃ足りないよね」などと言いながらも
ベースへと戻りました

moblog_ef19e5c5.jpg

おいしい料理をごちそうになった上に あちこちからこんなにお土産までいただきました

午後からは それぞれ用事がありお昼過ぎに本日の活動は終了しました
(あれだけ食べたら お腹が苦しくて作業にならなかったというのは内緒です)

こつこつと・・・

今日もいいお天気に恵まれた阿蘇

しかーし!
ZENを訪れたのは 昨日と同じ・・・

昨夜は12時近くまで ひまわりの選別をし

moblog_8ce0e6e1.jpg

今日も 午前中頑張りました

moblog_7434232e.jpg

玄関先で 5月の爽やかな風を感じながらの作業は快適です

そのお陰で作業もはかどり

moblog_3ea6be20.jpg

見事に大きな籠が空になりました
これで完了!
・・・と思いきや 奥の部屋で鍋の中に同じようなものがあったような気がしましたが
見なかったことにします(笑)

13時過ぎに遅めの昼ごはんをいただいて
午後は Kiroku-プロジェクトの作業

本日は 阿蘇市在住で 自宅が浸水被害に遭ったメンバーへのインタビュー
ボランティアとしてではなく 被災した住民としての言葉を
1時間半にわたって伺いました

初めて体験した想像を絶する災害
自らが感じた恐怖心や苦悩を 涙ながらに語ってくれました
いつも明るい笑顔の彼女
その本当の意味を垣間見た気がします

今後 災害地で住民の方々と接するときの参考にしたいと考えます

内容の詳細につきましては 近々発行されるであろう「記録集」で
ご確認いただければ幸いに存じます

最後に 東北あたりのお土産をベースに置いております

moblog_da478bdd.jpg

住宅内には ネズミやいろんな動物が徘徊しております
お早めにZENにお越しいただきご賞味ください
次の週末には イベント(現場作業)も企画される模様です

お菓子もあることですし
週末は お誘い合わせのうえ ZENへお越しください


本日 お菓子を置いてきたのは あむあむさんでした

できるときに できることをやる!

穏やかな日和のなか
ベースを訪れたのは常駐のトムさんを除いて
私お一人様

先ずは がんばりよるよ星野村さんから戴いた支援物資と東北のお土産を届けて

moblog_1dc0f1ca.jpg


午前中は敷地内の整備

崩れた側溝を修復し

moblog_770092ed.jpg


伸びた庭木を剪定

moblog_1e7637db.jpg

moblog_b763f847.jpg


午後はKiroku-プロジェクトの作業で籠もりっきり

moblog_223d04e5.jpg

moblog_fc848dc7.jpg



お風呂に行くときの夕陽
水を張った水田が輝いていました

moblog_baa1d0e9.jpg


夜は「ひまわり大作戦」の残業です(笑)

本日お一人様のブログは あむあむさんでした




ひまわり大作戦 in 星野村

阿蘇と同じ時期
九州北部豪雨で甚大な被害が出た福岡県八女市星野村

八女市の中心部から車で30分ほど山間部へ入った
川に沿って集落が集まる山間にあり
日本一の玉露の産地として有名なたいへん長閑な地域です

そこに阿蘇と同じように記録的な豪雨により
山が崩れ 住宅や茶畑を押し流し 川へと一気に下りました

その災害の一週間ほど前
定年退職を機に生まれ故郷に戻った山口さん
ふるさとの悲惨な状況を見て
「これは何とかしないといけない」という思いから
一人でボランティアセンターを立ち上げました

moblog_62092630.jpg


住宅の泥出しに始まり
茶畑や農地の再生などを手がけて
今年2月に「NPO法人 がんばりよるよ星野村」として再スタートしました

moblog_78860f27.jpg


ここには 茶畑のほかにも 日本の棚田百選に選ばれた見事な棚田があります
しかし 災害により谷が崩れて水路が確保できずに
現在は稲作を断念している状況です

けれども 田んぼを放置していると将来使えなくなるとのことから
この棚田をひまわりの花でいっぱいにしよう! 
という企画が生まれました
そこで登場するのが 昨年阿蘇で展開したひまわり大作戦で収穫した種たちです

東北の被災地から届けられたひまわりが
阿蘇を経由して星野村へ届けられました

斜面に広がる見事な棚田

P1010730.jpg

ここがひまわりで一杯になるかと思うとワクワクします

実はこの棚田の作業は 先月の末から着手していて
草刈りや地拵えなどを 一般ボランティアに加えて
5月4日からはIVUSA(NPO法人国際ボランティア学生協会)のみなさん約70名も加わり
着々と準備を進めてありました

私が参加した5月6日は 最終日ということで
準備された畑にひまわりの種を蒔くだけという
まさに美味しいとこ取りの様相でした(笑)

総勢100名を超える大集団となったこの日は
グループ分けをして
IVUSAの主導による大種まき大会


P1010733.jpg

午前中でロシアひまわりの種を蒔き終えて
楽しみなお昼ごはんのひと時

moblog_36b9be76.jpg

トムさんが阿蘇から届けてくれたサーターアンダギー
前日にベースでIみちゃんと遅くまでかかって焼き上げてくれました

moblog_98b3cd1e.jpg

IVUSAのメンバーは おいしいおいしいと絶賛でした
そしてさらに

P1010734.jpg

玉露の粉末がかかった八女氷も登場!

moblog_b97173de.jpg

氷の下には小豆も隠れています

さぁて お腹もいっぱい 気分もリフレッシュしたところで
いよいよ本日のクライマックス

P1010736.jpg

宮城県石巻市 大川小学校の保護者の方々が育てたひまわりの話を
がんばりよるよ星野村の山口さんとIVUSAのリーダーが説明中

そのあと 一人ずつ順番に ひまわりの丘に咲いたひまわりの子どもたちを
植えていきます

P1010741.jpg

最後に 星野村・IVUSA そして阿蘇代表ということで私の3名で
最後の種を植えました


そのときの様子は こちらからご覧いただけます

がんばりよるよ星野村


こうして 棚田をひまわりの花でいっぱいにする
ひまわり大作戦 in 星野村 は無事に終了しました

さあ 星野の次はいよいよ阿蘇の番ですね!
今年も 阿蘇の大地をひまわりの花でいっぱいにしましょう
みなさまのご協力 よろしくお願いいたします



ろくに準備作業もせず 種を蒔いただけのおいしい仕事をしたのは
あむあむさんでした
このところ東北へ行ったり星野村へ出かけたりと
あちこち彷徨っていたあむあむさんですが
今週末からは 阿蘇での活動を再開します
(別に中断していたワケではありませんけど・・・)

どうぞよろしくおねがいしまーす


やれる時にやれる事を




ゴールデンウィーク後半戦

最近、しゃちょさん出勤であります。
いえ、ただの遅刻魔です。
すんません。

途中、みんな大好きハンズマンに寄って火曜日の星野村でのカキ出しの為の買い出し


10時過ぎにつきました
待っててくれたジェントルマン4人さんありがとうございます。
さて、久々のおらほのラジオ体操をして、ちょっとだけ、やる気すいっちが入ったり。

現場班と室内班に別れての活動。
室内班はトムさんと記録集の制作を
今日の現場班は福岡地区のおとうさんの畑

畑の再生です

石ころの埋まった畑は何にも作れないからと、おとうさんが栗の木を植えてらっしゃいました。その栗の木の間の埋まった石ころや瓦礫を拾う作業です
農大臣と中川ポメロ氏の3人で表面に出ている石ころを拾います。
気付けばお昼になり、一旦ベースへ。
少しだけのんびりしたお昼を過ごし、午前中の引き続き。
今度はおとうさんと救世主のトラクターも加わり、ガンガン進みます!
がっ!やっぱり、石ころが大きすぎてなかなか前へ進みません…
ガチン!と音がなる度におっきい石が出てきます。どっからこんな石が来るんだろうって言うぐらいでてきました。
後から室内班だった福岡のジェントルマンさんとトムさんも加わり、石ころ拾いです
掘っても掘ってもでてきます。
まだまだ始まったばかり、でもじゃがいもを植えたいと仰ってたので、少しでも早く元に戻せるように頑張っていきます。



次の日も午前中は小雨の降るなか、おとうさんの指導の元、はなさん、岡村さん、農大臣の5人で頑張りました。
畑はひろく、まだまだ先は長い様に感じてしまいます。
それでも、来てくれる誰かがいるから少しずつですが、前に進んでいます。
休憩中におとうさんから阿蘇の歴史を聞いたり。
楽しく活動できました。

お昼はみんな用事があったりで解散しました。

丸1日活動じゃなく、午前中だけ活動する。
みんながやれる時にやれる事をする
それが、ZENの、そしてボランティアのスタイルだと思います。


さて、火曜日は星野村でひまわり大作戦があります。
トムさんがカキ出しをしに行きました。
今回はカキ出しに白玉ぜんざいのかき氷とサーターアンダギーです
山口からも助っ人で来られるようです。
ありがとうございます!
100人分の白玉ぜんざいづくり大変かと思いますが、楽しみながら作ってください。
サーターアンダギー100人分、トムせんせー指導の元、月曜日の夜に油まみれ粉まみれになりながら作ってみました。
喜んでもらえたらいいなぁと思います。


そして、阿蘇組のみなさんも、ひまわり大作戦楽しんできてくださぃね!
暑い日になりそうです。
水分補給などしながら、どうかご安ZENに活動してくださぃ♪




いくちゃん*
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。