スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有難う



23日の現場での活動後、資材・軽トラを洗って大きな事故・怪我もなく今年の活動を終了させていただきました。


活動に参加してくださったみなさん
支援をしてくださったみなさん
ベースや畑、トラック・資材などお貸ししてくださっているみなさん
イベントへの参加に協力してくださったみなさん
いつも支えてくださっている市役所等 職員のみなさん
毎日、復旧・修復工事に汗を流してくださっているみなさん
そして、あたたかく見守り・受け入れてくださっている地元のみなさん…

書ききれないくらいの多くの方の「お陰様」です。
それは全部、当たり前ではないこと…

大変お世話になりました。
本当にありがとうございます。


少しずつ生活もゆっくり進んでいると感じた一年間でした。
僕らの活動もそれにあわせてゆっくりと。

そして、各地での大雨・台風による被害の大きい一年でもありました。
これまでの活動に加え今まで阿蘇が受けたように、今度は阿蘇から支援やエールを送れたらと思ってます。


年明けて11日(土)から活動開始の予定です。
来年もよろしくお願いいたします。



みなさん、よいお年を!

せんば
スポンサーサイト

今年一年お疲れ様でした

今回2回目になります、熊澤です。
まだ学生の身ですが、感じたことも含めて活動報告させて頂きます。


今日はまだ天気が良く、風もなかったせいか阿蘇は寒くなく…ないですね、僕にとっては十分寒かったです。
しかし、恒例のラジオ体操を2回したおかげで体も少し暖まり、良いスタートがきれました。

IMGP5127.jpg


今日の午前中の作業は、納屋の裏に流れ込んだ土砂・瓦礫を撤去する作業です。

IMGP5129.jpg

これは、柱や壁が土砂などで埋まったことから木材が湿気ってしまい、
腐敗・白アリにやられてしまっているので、その土砂を撤去して乾燥を助けるために行いました。

作業中
IMGP5132.jpg

IMGP5134.jpg

作業後
IMGP5135.jpg

作業が終わって、おばあちゃんに挨拶をし、おばあちゃんが喜んでくれてた様子だったので嬉しかったです。


そして、お昼は味噌ラーメンと太刀魚などを美味しく頂きました。

IMGP5139.jpg

午後の活動は、今年一年間お疲れ様という意味も込めて、お世話になった軽トラや資材を洗いました。

IMGP5143.jpg

みんなで頑張ってだいぶ綺麗になったので、また来年もよろしくといった感じです。

IMGP5145.jpg


最後に全体を通した(今日来て下さった方々との話も通しての)感想としましては
・誰でもできることは沢山あること
・きっかけや理由はどうあれボランティアに参加してみることの大切さ
・災害は過去のものにしてはいけないこと
・ボランティアを継続させることの重要性
など

IMGP5131.jpg

今回の活動だけでも多くのことを学びました。
また機会があれば参加したいと考えています。

熊澤

あした

早朝まだ真っ暗の中、日課の散歩から始まります。

IMGP5112.jpg

立派なしめ縄の阿蘇神社で晴れますようにとお参りを。
どこにいてもマイペース、せんばです。

途中、仮設住宅のみんなの家にはもう灯りが点いていてお父さん達がもちつきの準備を始めていました。
「自分達でやろうと思う」とおっしゃっていたので、その思いを応援したい!とあらためて心に決めた朝でした。


「目を上げて またゆこう」


今日はいつもよりちょっと早めにベースに集合して仮設住宅へ。
いつもお世話になっている社協さん主催のイベントに参加させてもらいました。
連休中でメンバーが多く集まって下さったので、会場の設置・片付けや各ブースの団体さんのお手伝いなども。
もちつきの方は仮設のお父さん・お母さん達がやっぱり楽しそうにされてます。

IMGP5068.jpg


僕らはちょこちょこお話したり、終わった後一緒に道具の片付けしたり。
久しぶりに会えた方も笑顔で「元気?」と声かけあえたり出来て、すごく嬉しい時間になりました。

IMGP5070.jpg


市長さんも到着してセレモニー。

IMGP5079.jpg

仮設住宅と各団体の代表者がご挨拶。

IMGP5081.jpg

僕もたくさん考えていったけど、アレやコレや纏まりなくなって薄っぺらくなっちゃいそうで…ただただ、感謝していることそれだけを言わせてもらいました。
伝えるって難しいですね、少しずつでも成長してゆきたいです。

歌手の大庭照子さんも歌いに来てくれました。
おばあちゃんたちも一緒に歌って楽しそうです。

IMGP5099.jpg

伝承事業部会さんはしめ縄を。
毎年、阿蘇神社のあのおっきなしめ縄も作られているそうです。

IMGP5071.jpg

その場で実演・体験。
メンバーもベース用にって一緒に楽しませてもらってました。

IMGP5098.jpg

阿蘇市婦人会のみなさんは白玉ぜんざい。

IMGP5100.jpg

こちらでも一緒に。

IMGP5076.jpg

JC阿蘇青年会議所さんは、クリスマスツリーの飾り付けを子供達と一緒に。

IMGP5073.jpg

内牧の方からホットミルクや黒流から甘いイチゴの振舞いまで。

九州ラーメン党さんはラーメンの炊出し。

IMGP5101.jpg

一の宮デイセンターさんは混ぜ御飯。


ZENの中川さんからは八代の農家さんから預かってきたザボンを、ジャンケン大会で勝ったみなさんへプレゼント。
みかんの方はみなさんへ振舞い。

IMGP5072.jpg


メディアの方もたくさんいらっしゃって、にぎやかなイベントになってました。
その分、仮設の中から少し出てきづらそうになっている方もいるようでした…
みんなが思い描く・求めるモノを形にすることって、大変なことなんだとあらためて感じました。
それでもここでの笑顔が色々な所にも伝わって、明るく照らしていく何かになればすごく嬉しいです。
そしてそんな素敵な場所に参加させてもらえて…本当に感謝です。
ありがとうございます!

最後は社協さん達と一本締めで閉めて、ボランティアメンバーで仮設のみんなの家の前で集合写真!

IMGP5105.jpg

仮設の代表のお父さんに撮ってもらいました(笑)
ありがとうございます。
帰り際にちょこっと「ありがとうございました!」と挨拶したら、
「また今度飲みにでもいきまっしょう。」とにっこり言ってもらえました。
なんかすごく嬉しいです、こういう言葉は本当に。

会場の片付け・運び出しを最後まで手伝って、ベースへ戻り一年の感謝を込めて大掃除を。
そして、打上げ・忘年会の準備。
忘年会、無念の不参加・佐世保のテツさんからメンバーへの差入れ届きました。

IMGP5107.jpg

ありがとうございます!

ベースのオーナーさん夫妻を招いて 乾杯 お疲れ様でした!

IMGP5109.jpg

オーナーさん夫妻も、ご自宅が被害にあった被災者でもあります。

去年のはじめて会った時の話や、
ボランティアという存在の印象、
今年一緒に作ったひまわり畑の話、
そして他愛のない話など…

IMGP5110.jpg

人と人との関わり合い・関係というものも、何か前へ一歩ずつ進んでいけたような…そんな一年だったような気がします。


「明日こそは」 という 想いさえ
「昨日よりは」 という 望みさえ


せんば

災害にも寒さにも負けないぞ

先日来、すっぽりと寒気団に覆われている日本列島

阿蘇も当然のことながら雪景色

P1010301.jpg




そんな寒さや年末の慌ただしさをものともせず集まった男前5人衆(笑)

おらほのラジオ体操で身体をほぐして いざ出陣


P1010300.jpg


本日の現場は古城地区のお母さんの家

昨年 簡易的に排水溝を作り土嚢を並べた場所ですが
月日とともに土嚢袋は劣化し 溝は浅くなっていて先日から補修作業に入っています


流れてきた泥を取り除き

P1010302.jpg


P1010305.jpg


P1010304.jpg



新しく土嚢を作ります




今回は トムさんの提案で

土嚢袋が劣化しないようにと全体をブルーシートで覆うことに

P1010307.jpg


これなら見た目にもいいし 隙間から水が流れ込むこともありません
第一 耐久性が各段に違います

P1010308.jpg



お母さんもこれで安心と笑顔がこぼれます
お茶や手作りの饅頭などをいただきながら
コタツでしばしの歓談


しかし まだ納屋の裏側に溜まった泥や
床下には手付かずの場所もあるとのこと

床下の泥だしは暖かくなってからやりましょうとお話しました


このほかお昼には、古城3区の仮設のお父さんの倉庫へ

IMGP5046.jpg


明日の餅つき準備のお手伝いでもち米を研いだり

IMGP5042.jpg


夕方には椅子やテーブルをみんなの家に運び込んだりと残業までやって本日の活動は終了

IMGP5065.jpg


夜は明日行われるZEN大忘年会の前夜祭ということで大賑わい
美味しい料理と酒に囲まれてホクホク顔のメンバーでした
(↑それって私だけ?)

sake.jpg



本日のブログは久々のあむあむでした

阿蘇はやっぱり寒かった。



雨がしとしとの一日、山の中腹まで雪が白く染めています。
ベースに着くとここにも昨日までの雪が。



日和が悪いので土曜日からの連休の活動の確認・ご挨拶をして回りました。

おばあちゃんと現場の段取り。



「よかった、もう今年はこれ以上進まんかと思っとりました。」
と、少し嬉しそうにおっしゃってもらえました。



できる範囲ですけど、少しでもいい形に進めて新年を迎えられるように!

もちつきの準備の時間の確認や、当日お世話になる方へ挨拶も。




今週末の活動予定の内容です。

土曜日
現場…継続中の土嚢の撤去積み直し・埋まってしまった溝の掘り直し
もちつきの準備…会場への運び込みなど、夕方残業になるかもしれないです。


日曜日
早朝参加可能な方は、6時から高田仮設のみんなの家でもちつきのお手伝い
早朝からでない方は、9時に市役所の建物裏の駐車場集合~みんなの家へ合流

市長さんが到着して、10時ごろにセレモニーの予定です。

片付け終了の時間次第ですが、早めに終わったら行けそうな方は畑の再生の現場をちょこっと進めてもいいかな?と思ってます。

その後、ベースで打ち上げ・忘年会


月曜日
現場…土曜日の続き~軽トラなどの掃除・今年の活動納め


おおまかにですが、このような日程です。
山は雪が積もってきています。
移動はくれぐれも無理のないよう、お気をつけください。
今年も大きなケガや事故のないよう、気を引き締めて残りの活動もしたいと思います。
よろしくお願いいたします!



せんば

じゅんび

日曜・月曜とメンバーそれぞれ年末年始などの準備・仕度をしてました。
師走でちょっとバタバタ忙しくしているせんばです。
簡単にですけど、まとめて活動報告させていただきます。

古城を回って、地元の方にご挨拶したり



今後の現場の作業内容をつめていったり



週末のもちつきの話を仮設のお父さんとしたり



参加者用に市役所へ駐車場のお願いに行ったり





冬のベースも華やかにとお花を植えたり



お世話になっているマルシェの反省会へ出席したり



今後も活動していきやすいようにと。
中川さん・いくみちゃん・HKさん
いつもありがとうございます。

先日お知らせした仮設のみなさんのもちつきのお手伝い、
ちょっと準備などで集合時間が早くなりそうです。
参加を予定されてる方は、良かったらZENかせんばの方まで連絡をお願いします。

冷え込みも冬本番のようになってきました。
体調管理にも路面状態にもお気を付けて参加してください。
よろしくお願いします!

せんば

もちつき

今日は朝から内牧へ。



お洒落なアートとJAZZの街です!
ここも水害の時は浸かっていました。
街の色々なところに浸水ラインがもうけてあります。
歩く機会があれば見て・想像したり、感じてみてください。
街のお店の方たちに、台風による大きな被害を受けた伊豆大島へのメッセージを書いてもらいました。



被害を受けたから分かる思い・そして重い言葉、届けたいと思います。



いつもお世話になっている社協さんと、22日の仮設住宅でのもちつきについて打合せさせてもらいました。

スタッフのみなさんにも、伊豆大島へのメッセージも書いてもらいました。





ありがとうございます。

今後どのような形で災害と向き合い、減災・防災へとつなげられるか?
去年の7月の水害後、ボランティアセンターとボランティア参加者として始まったお付き合い。
これまでのお互いの活動などでの情報・反省点などを交換していきましょう!と意気投合。



年度末あたりにまたゆっくりお邪魔できたら嬉しいです。

その後、手分けして仮設の代表のお父さん達ともお話させてもらいました。

簡単な内容と色々お知らせです。

ーーーーーーーーーーーーー

平成25年度阿蘇市仮設住宅
「みんなでよか年ばこしまっしょい交流会」

期日 12月22日(日) ※小雨決行
場所 高田仮設住宅みんなの家
主催 阿蘇市社会福祉協議会
協力 高田住宅もちつき行事


~協力ボランティア~

・一の宮伝承部会(しめ縄作り)

・阿蘇市地域婦人会(白玉ぜんざいのふるまい)

・阿蘇青年会議所(クリスマスツリーの飾り付け)

・NPO法人ボランティア仲間九州ラーメン党(ラーメンの炊き出し)

・阿蘇災害ボランティアベースZEN(仮設のみなさんともちつき・鏡餅作り)


社協さん主催のイベントの中で、今回も仮設のおうちに鏡餅を作って新年を迎えるお手伝いという活動です。
もちつきは仮設の方達がメイン・僕らがサポート。
当日は9時30分開場、10時に市長さんが到着してセレモニーとなっています。
ただ、もちつきのほうは朝早くから準備をして、セレモニーの前に一回目を開始するそうですので可能な方・前泊の方で8時より前に集合になるかと思います。
前日の準備の後に決まるので分かり次第お伝えしようと思っています。
11時30分にもちつき終了。
お昼は僕たちもふるまいのラーメンなどいただけるそうです!
昼食後、かたずけまでお手伝いしたいと思っています。

前日の米とぎなどの準備もあります。
準備・段取りは当日と同じくらい大事です。
そちらの方のお手伝いにも5~6人ほどお願いしたいとおっしゃっています。
前泊の方や、当日は来れない…という方も準備への参加、是非是非よろしくお願いします!



参加は基本的にどなたでもOKです。
10時のセレモニーからとかでも大丈夫ですので、当日の天気や気温・路面の状態など、無理のないようお願いします。
前日からベースなどに泊まっての参加の方も前もって一応連絡の方、よろしくお願いします。

お時間に余裕のある方は片付け終了後に、ベースでお鍋であったまりながら打上げ・忘年会をしようと話しています。
お酒飲みたい方はそのままベースに泊まっても大丈夫なので、せっかくの機会楽しんでいってください。

…もう少し時間に余裕のある方は(笑)翌日23日、お天気次第ではありますが現場で活動もOKです。
今年は23日を仕事納めにしようと思っています。
人数次第ですけど、午前中だけでもみんなで活動して「今年も一年お疲れ様でした!」となれれば嬉しいです。

22日は今のところ、10人くらい「参加したい!」という声をいただいています。
ありがとうございます。
社協さんからも、たくさん来て下さってもウェルカム!とおっしゃってもらってます。
前日の方の人数はまだ…よろしくお願いします!

詳細など決まったら、またお伝えさせていただきます。
たくさんの参加、待ってます!


ー 晴れますように ー


せんば

8日日曜日 ポメロの活動報告

本日の参加者・・・3名(甲佐のタマちゃん 千馬さん 中川)

恒例のおらほのラジオ体操開始

20131209220929606.jpg


朝のミーティング

今日の活動先決定の為
 Iさん宅…熊本市内へ外出・依頼者不在の為本日は不可 
 Fさん宅…奥さんが先週亡くなったので12月は法事で忙しいので年明けて落ち着いた頃、先方さんから電話しますとの事・本日は不可 

よって、本日は,昨日に引き続きおばあちゃん宅に行きます。

依頼者の要望…初参加者のために大事な確認事項
 ①劣化した土嚢袋の点検・入れ替え
 ②床下の換気正常化(積みすぎた土嚢のため換気がされなくなった)

20131209220929875.jpg

本日の作業手順
 ①土嚢の選別
   再利用できる土嚢・・・石垣下に仮置き
   再利用できない土嚢・・解体して一輪車へ積む
 ②一輪車で反対側に運び石垣下に落とす
 ③床下等の泥だし→テミ載せ→一輪車
 ④選別した再利用土嚢積み

あいまに日向ぼっこ
2013120922080153b.jpg


作業開始して1時間ほどして、奥のほうの軒下をスコップで掘ると、かつんカツンと、音がします。
全員証集合して何の音かと調査。
なんと5センチ下には、コンクリが打ってありました。
3人大喜び!
なぜかと言うとそれ以上掘らなくて良い目安になるし、かつそのコンクリートと壁のトタン板が直角で接してしていたのです そしてこちらのトタンは錆びても腐ってもいませんでした。
だからそこの約3m位は床下流入は全くありませんでした。これで作業設定時間が大幅に短縮できるからです。

・・・超嬉しい!

20131209222549f19.jpg

これで弾みがつき作業効率どんどんアップしてきました。



昼食に帰る前に、北坂梨の坂梨春子さん宅へ声掛けに行こうと提案。

おばあちゃん天気が良いので玄関先で芋干し作業、突然の訪問に驚き、メンバーの顔見て、いつものような柔和な顔に戻られた。

千馬サン
『今年は高菜、上の畑・下の畑、両方植えてありますね!僕たちも昨年より高菜の植え付けが増えていると嬉しくなります。』
おばあちゃん
『そうですね、おかげさまで・・・』

20131209220758f96.jpg

ところで、ここに先日リンゴ等を置いて行きなさった興梠さん、おばあちゃんの畑にもお手伝いにに来られた方で、顔観ると思い出されるけど…その方に、おばあちゃんがテレビに出なはったと聞きましたので・・・・と聞くと
『ハイ、おかげさまで・・・・そのため20年ぶりに四国の知人から「阿蘇の災害で大丈夫かと心配していましたが、テレビ観て安心しました」と電話があった』と、瞳を潤ませて話してくれました。

本当はもっと話を聴いてあげなければいけないのですが・・・昼食や午後の作業を考え止む無く帰りました、帰り間際に家に戻り、柚子の砂糖漬けを作ったから持っていけと言って渡されました・・・

20131209220801d81.jpg

ありがとう、また、顔観に来るからね!

因みに,テレビは11月1日にNHKBSで新日本風土記

『春子ばあちゃんの高菜漬け…阿蘇名物“高菜漬け”。漬けもの名人の春子ばあちゃんの日々』

というタイトルで放送されました。
NHK放送の大倉美和さん、この場を借りてお礼申し上げます。
またいい仕事しましたね!!

待望の昼食タイム
  おかずはポメロの嫁さんの豚汁4人分・・・・
昨日・今日と参加者3人なのに4人分とは、更に不思議なのはポメロは阿蘇び心に宿泊していたのにまさか・・・まぁ いいか 

20131209220800e3a.jpg

・・・・・阿蘇を天然冷蔵庫と思えば・・・・

 薬味は小葱と生姜、その他にトマト、漬物 辛子レンコン(タマちゃん) 柚子の蜂蜜漬け(春子ばあちゃん) 博多明太子(城戸さん) 米とぎ(千馬さん)・・・と超豪華メニュー

2013120922080171e.jpg



満腹して午後からもハイテンションで作業現場へ出撃

20131209220513345.jpg

 ①床下の泥かき出し作業・・・ポメロとタマちゃん
 ②床下際作業・・・タマちゃんの女性特有の丁寧な作業でどんどん元通り、いやそれ以上の綺麗な仕上がり 
 ③石垣下の堆積した泥の除去作業・・・腰痛、足低腱膜炎持ちのポメロ

~ちょいちょいコーヒーブレイク~
20131209220907700.jpg

 ④一輪車への積み込み、運搬作業・・・千馬サン、いつも全力パワーで有難う

 ⑤そして最後に床下流水防止のための土嚢並べ、これかなり難しいのです,いい加減な私には不向きですが,大巨人、体に反して意外や意外、繊細な神経持っていて仕上がりを重視します、芸術的な仕上がりです。

201312092209087ab.jpg

千馬名人と褒めると、いや、ムロさんはもっと上手いですよと、謙遜さも持っています。
ではムロさんをなんと呼べばいいのでしょうか?・・・・プロさん?


ま、そんなこんなで、今日の設定目標、達成出来ました・・・
勿論、継続作業です。 
千馬サン大活躍でした。
いつもドヤ顔出来ないので思いっ切りやって良いよ!!

201312092205167df.jpg

おばあちゃんとも一緒に記念写真取らせてもらいました。
最後はベースに帰って資材洗い。

20131209220519908.jpg


別れ際に,また来て下さいと言われました…即答できない自分がちょっぴり悔しいです。
皆、まだまだ阿蘇に困っている人沢山います。
ZENに連絡下さい。
来ていただけるならポメロニーズどんどんとってきます。

まとめ
 阿蘇び心に泊まっていたので早朝、車を見たら車全体、霜で覆われていました。しかしそこは、世界の阿蘇のゲストハウス、お湯が入ったペットボトルを2本用意してくれます。それを車の全ガラス面にかけて視界が見えたころ出発。
作業開始頃には、気温も上がり、風もなく、絶好のボランティア日和でした。

201312092205186ae.jpg


 受注残・・・・
①本日作業現場・畳下の泥だし作業(春先まで延期)
②Iさんの菜園の再生作業 
③まだ未着手の側溝の再生
④ビニールハウス横の側溝再生

ボランティアまだまだ必要です。
参加申し出待っています!
    
                       by ポメロ

ザボンと笑顔と

ブログ3回目の登場、福岡のMKです。
お待ち遠さまでした。(え?誰も待ってない?)

久々の阿蘇災害ボランティア。
参加者は熊本市のナイスガイS君と宇土のナイスミドルN氏、そして私の3名。
現場は、古城3区の一人暮らしのお母さん宅です。
お母さんと言っても、私の母ではありません。念のため。
いえね、民放の旅番組なんかで
軽薄なレポーターが、土地の方たちに声をかけるのに
「お父さん」とか「お母さん」とか言ったりしてるでしょ?
あれ、嫌いなんです。
嫌いなんですが、本日はご容赦いただくとして。

さて、昨夏の水害のあと、お母さんちの周りに
雨水の侵入防止に土嚢が積まれていたんですが、
床下の空気の通り道を塞いでしまっていたことと、
土嚢袋の劣化で破れが目立っていたことから
今日は、その邪魔な土嚢の撤去をすることになりました。

【作業前】
作業前
【作業中】
作業中
【作業後】
作業後

土嚢袋を除いたあとは、床下に流れ込んでいた泥をスコップで掘り出し、
1年数ヶ月ぶりに床下に新鮮な空気を送り込むことができました。

でも、この御宅はまだ何部屋か、床下に泥が入ったままだそうです。
川や道路と違い、個人の住宅は行政の手が行き届きません。
お母さんのように高齢の一人暮らし世帯では
まだまだ水害の後遺症が残ったままになっています。

私たちボランティアは
息長く阿蘇のみなさんに寄り添って行こうと思っています。
このブログをご覧になったあなた、
どうか
手を貸してください。
知恵を貸してください。
志ざしを貸してください。
ZENでお待ちしています。


【おまけ】
おまけ

お母さんにお土産のザボンを手渡すナイスミドル。
お母さんの喜ぶ顔が嬉しいのです。

YUYAKE

12月1日・日曜日は今年最後の「阿蘇マルシェ」の日。
現場での活動と二手に別れました。

現場で活動したせんばです。

先日から土嚢の積み直しをしているところのおばあちゃんから、前日に電話で…

「家の中の扉(障子)閉まらなくなって困っている。もう寒くなってきたからどうにかならないかな?」

と相談してもらいました。
災害と関係ないお手伝いかもしれないですけど、一人暮らしのおばあちゃんが気になるので土嚢の積み直しの前に様子だけでも見せてもらいました。

春までは問題なかったようですけど、寒くなってきて閉めようとしたら動かなくなってしまったようです。
専門的なことは分からないですけど、東側が沈んで歪んでいるため動かなくなっていました。
詳しく話も聞いてみると、この部屋の周り3部屋は床下に入り込んだ土砂を諦めてしまってとっていないとのこと…

畳をあげて見せてもらってはいないですけど、湿気で柱が腐れてきているのではないかと思いました。
それで沈んでいっている…

実際に土嚢の積み直しをしている家周りも、土砂が残っていて柱が埋まっていました。
この柱もやはり腐敗がすすんでいてボロボロ…かろうじて束石に乗って支えている状態です。
積まれすぎている外の土嚢の撤去もなるべく早くしていって、風通しをよくしたいです。


まずは障子が閉まるように修理を。
お隣のご夫婦と一緒ににぎやかに。

ジャッキを使って外すので、つっかえ棒作りから。



グリグリと間隔を広げて、



取外しました。



干渉する部分を切り落として、



カンナがけ。



後は歪んだ分だけ底上げしてもとのところに嵌め込んで、レールをロウソクで滑りをよくします。
ちょっと閉めても隙間があって大工さんのようにはいかないですけど、スポンジみたいなの貼って埋めれば寒さ対策は大丈夫です。

ある道具とある材料、プロでもないので時間もかかるしある程度ではありますけど。

そんなこんなで遅めのお昼、おばあちゃんが準備してくれました!



阿蘇市に来てる「のど自慢」の中継を観ながら楽しく団欒。
ごちそうさまです!

午後はおばあちゃんと2人で、外の土嚢の積み直しの続きを。
資材も限られていたので、出来る範囲で無理しないように…それでも少しづつ進めてきました。

土砂に埋れていた柱、土嚢をどけて掘りだすと…



おばあちゃんも気になっています。
おばあちゃん一人の力では難しいですね…
諦めてしまっている床下も気になります。
今、その上で生活されているので床を上げてとなるとちょっと大変かもしれません。
これから先の生活のことを考えると、色々な不具合が出てくる可能性を考えると…

今すぐに出来る家の周りを進めていきながら、相談して・状況を確認していって・しっかりと段取りして床下の泥だしもスムーズに出来たらと思っています。
コツコツとでも、纏まったものでも力が必要になります、ぜひ一緒によろしくお願いします!

日が落ちるのが早くなっていますね。
ちょっと早めに切りあげてお茶を。
おばあちゃん手作りのお饅頭もいただきました、美味しいです。



いつもありがとうございます!

ゆっくり日向ぼっこして活動終了。
後日継続です、よろしくお願いします。



帰り道は美しい阿蘇の夕暮れへ向かって安全運転。



「夕焼けは見えるかい 夕焼けは本物かい」

お疲れ様でした。

せんば
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。