スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急遽 今日(29日木曜) 阿蘇に行ってきました。

土・日行く予定でしたが台風襲来が予想されましたので、
千馬さんと前日電話で打ち合わせし、 
『台風でヒマワリが倒れた後、ヒマワリを起こす作業より、倒れる前に支柱を立てよう』
とお互いの意見が一致しましたので・・・・
 
IMGP3713.jpg


①先ずいつものように極楽禅寺の御住職(親・子)さんに竹切りの挨拶

②ポメロが、竹山に入りなたで竹切りし・枝落とし、竹山から外に出す

IMGP3665.jpg


③千馬さんが、のこで、軽トラの荷台に載るくらいの長さに切る・・約80本

④支柱にした竹を、軽トラに載せ内牧ヒマワリ縁まで運ぶ・・・
   ※軽トラが戻ってきて助かった…詫間さん本当に有難う、感謝です。

IMGP3684.jpg



⑤千馬さんが要所要所に支柱を立て、ポメロと藤井のお母さんがヒマワリを紐で括り付ける

IMGP3692.jpg


⑥支柱を4本又は3本単位で、ビニール紐で四角形又は三角形を作り、ヒマワリの倒れ防止網をドンドン広げていった

⑦同時に倒れ掛かっているヒマワリも支柱や張ったビニールで起こして行った

⑧今出来る可能な台風対策をほぼ実施・・・・防災・減災の実行

⑨終了時刻を延長し草取も実施・・・藤井のお母さん有難う!

IMGP3698.jpg




まとめ

 ①どこまで出来るかと不安であったが可能な限りの台風対策をやれた

IMGP3708.jpg


 ②作業終了後、子供たち3人が、『わぁーヒマワリ縁が綺麗になっている』と歓声を上げながらヒマワリ縁の通路に消えていった

IMGP3723.jpg

・・・・正直嬉しかった

IMGP3725.jpg



 ③阿蘇市社協の志賀さんも通りかかり、ねぎらいの言葉を掛けてくれました。

IMGP3693.jpg


PS
 ポメロの妻が珍しく
『台風後より台風前に行きなっせ、コギャン時こそ千馬さんを助けてあげんね』
と言って暖かく家を送り出してくれました・・・

千馬さんの人気うちでは高いです。

IMGP3652.jpg


タカさん ポメロもタカさん意識して頑張っているよ!


文 ポメロ
画 せばす



日曜日の活動の報告できていなかったので併せてこの場で・・・

午前中は激しい雨、避難所に行って住民の方や消防の方とお話したり、黒川の水位の様子もうかがってみたり。
ベースでやれることをやったり、出納帳を整理したり、美味しいお昼ご飯を作ったり。
各自出来ることをやっていました。
この一つ一つも大切なことです。

午後、この日もポメロがひまわり頑張ってくれました、いつもありがとうございます!
一緒にたまちゃんも。

IMGP3628.jpg

素敵なお姉さんです。

宮地ごくらく縁のひまわりたちが強い雨にうたれて倒れてしまっていたのを、一つ一つ優しく起こして支柱で支えてあげました。
支柱は竹藪から切ってきて枝を落とし、エコロジー。

IMGP3633.jpg

元気に咲いてくれたひまわり達、少しでも長く咲いていて欲しいし、綺麗でいてほしい、種もしっかり収穫したいという思いを込めて・・・
悪天候の中、出来る範囲で。
やるとやらないでは全然違うと、そう感じました。

IMGP3637.jpg


いつもありがとうございます!


せんば
スポンサーサイト

連絡、阿蘇マルシェについて。


おはようございます。
ご無沙汰しております。HKです。
昨日とはうってかわり、雲一つなく気持ちがいい天気の阿蘇でございます。

お知らせです。
9月1日(日)に開催される阿蘇マルシェに今回もチャリティーブースを出させていただきます。
お手伝いをしてくださる方を募集しています。
また、前日の土曜日会場設営のお手伝いがありますので、お時間のある方はそちらも参加していただけると凄く凄く助かります。
よろしくお願いします。

土曜日:12時テレワークセンター集合

日曜日:5時ベース集合、または6時あぴか集合(雨天時は旧乙姫小学校体育館になります)


サーターアンダギーやKIーホルダー、ボランT(Tシャツ)等を販売しておりますので、是非遊びにきてください(´ω`)
売上金は阿蘇の災害の記録集の製作費用にあてさせていただきます。ご協力お願いします(´ω`)


勿論現場での活動(畑や敷地内の石出しや、ひまわり園のお手入れ等)もありますので、そちらの方もよろしくお願いしますm(._.)m

HK

続けることの大切さ

朝から断続的に雨が降る阿蘇地方です

本日 残念ながら 島根県で記録的豪雨による被害が出てしまいました

被害に遇われた方々及び関係者の皆様に心からお見舞い申し上げます


さて雨の合間を縫って 集まった4人が向かった先は「山田ひまわり縁」

P1010023.jpg


先日から かなりの延べ人員を投入していますが 面積が広いことから

なかなか進んでいません

でも こんなに立派な花が出迎えてくれました

もう直ぐ咲きそうなつぼみもちらほら

P1010026.jpg

そんな花たちをより美しく見せるために 草取りは欠かせません

もう直ぐ 新学期

子どもたちが学校へ通う途中に ひまわりの花を見て笑顔を浮かべる様子を思いながら

ただひたすら草を抜いていきます

P1010028.jpg

土と草の このコントラストがたまりません(笑)

雨が降らないうちに・・・とセッセと作業を進めていきます

P1010029.jpg

先月末から山口へ出張していた「ケイコ」も現場復帰をして見守ってくれています

P1010030.jpg

曇り空でも 阿蘇の大地を走れて やっぱり嬉しそうなケイコです

太陽が見えないせいもあり とっても涼しい阿蘇

ふと見ると 田んぼの稲穂が風に揺れていました

P1010032.jpg

大した雨も降らずに 目標の一番上の1枚が完了

P1010034.jpg

P1010035.jpg

一番下は 先日地主さんが刈払い機できれいにしてくださいました

P1010033.jpg

残るは 真ん中の1枚だけです!

お昼ごはんの後は 場所を「古城ハチロー縁」に移しての作業

P1010037.jpg

こちらは苗を植えた部分が 小さいながらたくさんの花をつけ始めています

P1010038.jpg

P1010041.jpg


さて そのハチロー縁は2人に任せて

せばすと私は ちょいとご無沙汰の古城・北坂梨地区を巡回

P1010042.jpg

雨の中 不気味な姿を見せる崩落現場

でも その工事現場にこんな看板を発見!

P1010043.jpg

この看板を見て 涙が出そうになったあむあむです

そして さらに嬉しいことが・・・


以前 長い時間をかけてお手伝いをした現場では・・・

P1010044.jpg

小屋があった場所に みんなで石を拾い 堆肥を運んで作った畑に育つ見事な花や野菜


P1010046.jpg

一列に並んで ローラー作戦で石を拾った田んぼには 見事な稲穂が・・・



P1010047.jpg

同じく みんなで何度も通って石を掘り起こし 拾い上げた畑もこの通り

まるでわが子の成長を見るように 胸ときめきます

しかし 山の方へ目を移すと・・・

P1010045.jpg

低く垂れ込めた雲が なんとも不気味です

しかし このところの雨でも 心配するような事態にはなっていないようで一安心

P1010048.jpg


巡回を終えて 新たなニーズも見えてきて 本日の活動は終了です

ベースへ戻り 日誌や出納帳の記入

事務局を持たないZENの 大切な1シーンです

日々の記録 その積み重ねが明日の活動へとつながります


ベースを出たあと 温泉センターで汗を流した際

そこで勤務されている仮設にお住まいの方から

仮設を出るための準備をしたいから 力を貸して欲しいとの依頼

入居期間は まだ1年残っているが

もう1年しかない

少しずつ荷物の整理をして準備を進めたいということです

1年を過ぎたから生まれるニーズ

仮設の入居期限となる来年の夏は きっと多くのニーズが生まれる筈です



さっぱりしたあと 帰路につく前に いつもの寄り道

「内牧ひまわり縁」です

P1010049.jpg

看板の後ろに植えてあるのは 石巻「大川小学校」ひまわりの丘で育った子どもたち

高さは1メートル50センチほど

そして

P1010050.jpg

奥のほうに苗を植えたひまわりは 2メートル近くに成長しています

横の方には 花が咲いているのも確認できます

P1010051.jpg


この場所は 別の場所から運び込んだ堆肥を撒いておいたので

その効果があらわれたようです



ひまわり縁で作業をしていると 通りすがりの皆さんが

気軽に声をかけてくださいます


ひまわりに関心をもってもらえてる

気にかけてもらっている


とてもありがたい事です



成長の違いはありますが もうじき一斉に花をさかせるひまわりたち

わたしたちは その日のために 地道な作業を続けています

ぜひ 一度足を運んで ご自身の目で ご覧になってください

全国各地からの善意で届けられたひまわりの種が

今まさに 花開こうとしています


阿蘇に笑顔を と始めたひまわり大作戦

いよいよ大詰めです


たくさんのひまわりの花たちが

みなさんのお越しをお待ちしております



本日のブログは 作業の途中でせばすに指名されたあむあむでした


いくちゃん*山口と島根に行ってきましたの巻

毎日毎日あっついねーーーー!


今晩和
遅ればせながらの報告です

去る8月12日・13日・14日の3日間、お盆休みを利用して山口と島根に行ってきました。
お手伝いの内容と思ったコトをつらつらと今回は書かせていただきます。




・・・・・・・・・

行くまでの何日か前に、心が折れて、ZENに集まるメンバ-のお店に行って顔を見て、お話しして元気をもらったり、電話をして声を聞いて元気をもらったり、メールをして元気をもらったり、元気の充電を少しだけして出発したのは秘密。


聞き慣れない言葉に少しだけ戸惑いながら、お手伝い。


知らない土地が心を狭くした
聞き慣れない言葉が心を狭くした

何を戸惑ったんだろう
何も心配するコトはなかった
阿蘇で活動したコトをそのまますればいいだけのコト。


山口も島根もあつかった
あつい人達にも沢山出逢えた3日間

8月12日
床下の泥出し2件
午前中は前の班が出してくれてた床下の仕上げ作業
これが一番大切な仕事
床下に残ってしまった土のせいで白蟻がきてしまわないように、一つ一つ丁寧に取り除く
手慣れた手付きで、知った顔ぶれでやる仕事は直ぐに終わる


クーラーBOX、おとうさん達がいるガレージに置いとけば、休憩中にもっとおかあさん、おとうさんと話が出来ただろう。もっと寄り添うことが出来ただろう。そんな後悔

午後からも別のお家の床下
ただただ広いお家をただただひたすらに泥を出す
誰かが一緒に泥だし頑張ってる
慣れたメンバがいる
それだけでちょっと頑張れる
寂しくなったら声をかけてみる
それだけでちょっと頑張れる



おうちの人とお話しする
赤色の屋根がたくさんね
山口もあついね
あんまり頑張りすぎないでね
そんな事を話す
それだけでもいーじゃない。
少しだけでも楽になるなら。



8月13日
高校生と大学生のMix組
あついね
畑には何を植えてたの
阿蘇の里芋は被害に遭ったけど、去年の秋にみんなで掘り起こしてお味噌汁作ってもらって食べたんだょ
里芋って新しいのは白くて美味しいのね
おかあさん、食べれるかもしれんょ
暑いから無理せんよーにね

そんな話をして

5つの現場に別れて、人員配置
現場を少しだけ走り回って、
少しだけスコップ
10個も離れた彼らに伝わった何かは有るだろうか
得られた何かは有るだろうか
阿蘇での経験は活かせたか?


少しでも笑顔に近付くなら、力が無くても頑張れる


8月14日
縁側の床下の仕上げ作業
見て分かるぐらいに疲れがでてたおかあさんの気遣いに申し訳なさと感謝をしながら、気もちだけが先走ってしまう。
もっといろんな方向から目を向けていたなら、おかあさんの気分が少しでも晴れただろう。ただ目の前にある泥を片付けるだけがボランティアじゃない。
例えば、お話しをする、お茶を飲む
おかあさんの気分が紛れるのなら、少しでも晴れるのなら
それでもいーじゃない

いつも阿蘇でやってたコトなのに、やっぱり現場を見てしまうと、ついつい走ってしまう。
そうではなくて、時にはゆっくりと歩いて、ペースを合わせることも大事


元気で笑顔でいる

簡単に出来るようでなかなか難しい

学生だから社会人だからとか関係ない
何を想いどう行動するか

芯はぶれるな
ぶれちゃいけない



たくさんの後悔と
たくさんの思いやりと
たくさんの優しさを
持って帰るコトができた


さぁ、阿蘇から山口と島根に出来るコトはなんだ?

出来ることを出来るしこ
やれる人がやれるしこ




いくちゃん*

収支報告


先日から朝夕の風も少しだけ涼しくなり、秋雨前線も南下し秋が段々と近付いている阿蘇です。
みなさまのおかげで、7月も元気に笑顔で阿蘇で活動することができました。
ありがとうございます。

大変遅くなり申し訳ありません。
収支報告をさせて頂きます


支出
雑費 21436円
家賃 5000円
水道 1092円
電気 4360円

合計 31888円


収入
お気持ちBOX 37745円
中川教信さん 5000円
吉武はなさんのお店で募金をして頂きました 9566円
はなさん(家賃代として) 5000円

合計 57311円

となりました。


また今後もたくさんの笑顔と元気を阿蘇に届けられるように活動をさせて頂きたいと思います。今後もみなさんのご支援、ご協力よろしくお願いします。


地域の方のご理解、ご協力があって、今日まで活動が出来ています。
地域に密着しながら、寄り添いながら、活動が出来る事、そして色んな方の応援がある事、様々な出逢い・ご縁に感謝して活動したいと思います。
いつもありがとうございます


これで収支報告とさせて頂きます。ありがとうございました。

キャッチャーインザサンフラワー

朝、活動前にぶらっとひまわり畑に足を運ぶ。
すごくキレイです。



これからはじまる男だらけの「ひまわり大作戦」の前に、ちょっと一息(笑)

土曜日~月曜日まで、毎日暑い中ありがとうございます!
畑は日影がないので熱中症にだけは気を配りながら…
こんにちは、D・M・セバスチャンです。


山田ひまわり縁


一面草で緑色になった畑、お手入れをしていきます。


草をとりながら、隙間にはベースで育てた苗を移植。




山口・島根で活動してきたメンバーから向こうの様子などを聞かせてもらったり、



オーナーさん親子とも一緒に草刈ったりお話したり。




やっぱり楽しいですね、やりはじめたらとまらない。
そして阿蘇のこの景色!



当初の予定よりもちょっと小さいですけど、可愛く咲いてくれそうです。



何を以って成功か?
咲けばそれでいい?
大っきいならいい?
種がとれればいい?
そんな事はどうでもいい。

僕はいろんな人達と一緒に作ったりして、その想いを大切にしたい。
そして咲いてくれたらどんな形でも嬉しい。

…難しいこと考えるのはやめよう。
考えて、言ってるだけじゃあなにも起こらなし(笑)

草が無いほうが綺麗だから草をとろう!
そしたらみんな嬉しいし、またきたいって思うだろうし!



Tell Me Why? SALINGER
それでいいかな、ただそれだけ。

連日楽しかったです、ありがとう!



せんば

ひまわり畑でつかまえて

一日遅れの活動報告です。福岡のMKです。

「午前中だけの参加」と言っているのに、ブログ担当を言いつけられました。
言いつけたのは「ZENの進撃の巨人」あるいは「ZENの巨神兵」、せばすです。

せばす1

アラサーのせばす、恋人募集中です。
「MKさんの娘さん、何歳です?」
「20歳だけど」
「恋人とかいます?」
(お父さんと呼ぶつもりか?)
改めていいます、せばす、恋人募集中です。
人柄は私が保証します。
私の保証が何の役に立つかは別の問題ですが。

さて活動報告(午前中のみです、せばすのせいです)。
参加者は、熊本のせばす、宇土のKさん、水俣のAさんの県内組3人と福岡の私。
熟女もギャルもJDもJKもいない、おっさん4人組です。正直むさいです。
場所は「山田ひまわり縁」。前日からの草取りを続行します。

せばす2
せばす3

午前中は陽も陰り、時折涼しい風も吹いてきます。
先週訪れた萩市の現場とは別天地です。
ひまわり畑からは阿蘇の「涅槃像」が一望です。
熟女もギャルもJDもJKもいなくても大丈夫です。いや、ひとり二人はいてもいいかな。

せばす4

とにかく午前中で、道路に面したヒマワリ4~5列分の草取り完了。
でもここは広い。まだまだ草取りが必要です。
宮地にも古城にも内牧にも畑があります。
熟女もギャルもJDもJKもぜひお手伝いをお願いします。
せばすがご案内します。

重ねて言います。
せばす、恋人募集中です。
そろそろ何とかしなくてはいけません。
背中に哀愁が漂っています。

せばす5




未来の笑顔のために

先日 山口・島根から戻ったあむあむです

本日は ステージを本来の阿蘇に移して活動しました



今日の参加はセバスとふたり・・・

土曜日なのに・・・ なんて言っても始まりません


一人でも 二人でも 今出来ることを・・・


というわけで 早速ふたりでラジオ体操

やっぱり「おらほ・・・」はいい感じ(笑)



ケイコちゃんは山口に出張中なので

セバスの車で現場へ向かいます



本日最初の現場は「山田ひまわり縁」


moblog_1a0c6051.jpg

moblog_f6cdbf24.jpg


一体どれがひまわりで どれが草なのか分からない状態です

この土地は昨年、大豆をつくられたそうで その影響なのか種まきの時期が遅かったせいなのか

すこぶる成長が思わしくありません

moblog_a150224a.jpg



一歩一歩 すこしずつ 作業を進めていきます

moblog_d762a0dd.jpg


ちょうど通りかかった地主さんとしばし歓談

地域に密着した ボランティアの理想形です



雲ひとつない晴天の空の下 黙々と作業は続きます

暑い 暑いを連発するセバス

でも 山陰から戻ったばかりの私は 

柔らかな光と 優しい風に 阿蘇の魅力を再確認していました


二人での作業には限界があります

それでもこのようにちょっとだけキレイになりました

moblog_e06c6ca7.jpg

moblog_88a7161c.jpg


ふたりっきりなので お昼は門前町でカレーを食べました

これも立派な復興支援だと信じて・・・



午後の前段は「宮地極楽縁」

P1010012.jpg


たいへん固く石ころだらけのこの土地

しかしひまわりは 2メートルほどに成長し 立派な花をつけています

先日草刈りを行ったこの場所に ベースから運んできた苗を隙間に植えつけます

より美しく 

より逞しく

道行く人たちが喜んでくれるように・・・



1時間ほどで宮地での作業も終了し 残った時間はベースの草取り

このところ 参加者もめっきり減り なかなか手が行き届かないZENの周辺

住民の方のご好意で貸していただいている建物です

せめて管理だけはキチンとやりたいものです

そして そこにいるだけで地域の方々に安心感を与える存在になれれば・・・

そんな想いから 敷地内の草取りをさせていただきました


P1010015.jpg


P1010016.jpg


しかし 少ない時間と人数では 出来ることに限りがあります

でも 少しずつでも続けることが大切です

P1010017.jpg

明日以降に参加される皆様にも ご覧のようにキチンと残してあります

やさしいでしょ あむあむさん(笑)





さてさて 本日の活動を終えて 帰り道にほかの2箇所のひまわり縁を視察しました



古城ハチロー縁

P1010018.jpg

P1010019.jpg

ちょいと背は低いものの かわいらしい花が咲いています


そして 内牧ひまわり縁

P1010020.jpg

P1010021.jpg

P1010022.jpg

種も苗も 真ん中の丸い部分も スクスクと育っています

種と苗の高さの差も 予想どうりでステキ

決して あむあむさんが植えるのを手伝ったから言うのではありません


暑い日ざしや 夕立にもめげずに

コツコツと 水遣り・間引き・移植・草取りをしてくれた仲間たちのお陰です


それは誰のためでもない

阿蘇の人々 

この地域の人達のため

みんなが笑顔になってほしい という一心から出た行動です



このひまわりを見た人が

「キレイ」

と言ってくれる その笑顔で

私達の苦労は報われるのです


みんなの笑顔のために もう一歩


未来の笑顔のための もう一歩です

P1010014.jpg





お盆休み

お盆だから参加出来る・お盆だろうが参加する、せんばです。
照りつける太陽に負けないくらいの眩しい笑顔、ひまわりだけじゃあなく地元の可愛い子達とも戯れる素敵な日になりました。
「ひまわり大作戦」です。

先日参加してくれた子が、今日はお友達も誘って一緒に活動してくれました。
嬉しいです、ありがとう!

ご実家のすぐそばにある山田ひまわり縁です。
阿蘇五岳が綺麗に見えるこの畑、ちょっとした撮影スポット作りを。

試しにひまわり役と人物役になって撮影してみる。


モヤモヤしてて山が見えてないですけど、
阿蘇五岳と人とひまわりがいい感じにおさまる様に、



みんなで角度や距離を決めてライン引き。



中の草をとって、ひまわりを植えかえ。
綺麗にラインを出します。



初めての植えかえ、



ちょっと楽しそう!




ひまわりが咲く頃にどんな光景になってるのか、想像しながら創造する。
カメラを置く台作ったり、位置・高さを決めたりしていきたいですね。



これからもちょこちょこお手入れや修正・手直ししながら、咲く日が楽しみになっていきます。

お昼はお母さんが一緒にどうですか?と…すっごい豪華でした!



お肉たっぷり入ったカレーや他いっぱい・全部美味しかったです、ありがとうございます!

デザートのスイカまで…ひまわり色(笑)




そのままもう一枚残っている畑の図面作りを、一緒にしてくれました。
女の子らしい可愛いアイディア。



どこまで再現できるかは分からないけど、楽しくできそうです。
ありがとう!

お昼の活動を終えたら、使った道具をみんなで洗います。
阿蘇人(Aso-ん-Mon)ポロシャツが似合ってる!



やっぱり地元の子だから着こなしも本物だ。

「ひまわり大作戦」で活動している中で、通りを歩く方やご近所さんに声をかけてもらえます。
今回も畑のそばのお家から参加してもらえました。
そして楽しくみんな笑顔でした。
それが僕は何よりも嬉しかった…

お盆休み、実家に帰ってきているから参加出来してもらえた、
そんな子達と一緒に活動ができた。
楽しかった、嬉しかったです!

ボランティアという形で出会って、一緒に汗を流しご飯を食べる。
参加者は、年齢も性別も生まれたところも育ち方も様々。
誰が上とか下とか前に立つとか関係ない、みんな同じ・一緒に活動する。
色々な事もお互いに見たり話したり、感じたり。

それは普段の生活の中にはなかったりするものかも知れない…
だからちょっとだけ踏み出す・飛び込むのに勇気がいったと思います。

来てみれば楽しかったり、嬉しかったり、いい汗かいたり。
現場でも、ひまわり畑でも笑顔を作ることができました。
そして其処に未来が在るようにも感じました。
今、若い時のこの経験が何かに繋がっていったら嬉しいです。
またひまわりが咲く頃でもいつでも、時間が出来たら遊びにきて下さいね。

最後は仲良く記念撮影。





暑い中、一日お疲れ様でした。
ありがとう!

せんば

山口・島根豪雨災害の災害ボランティアレポート 詫間芳春編

こんにちは  大分の詫間です。

7月28日に起きた山口島根豪雨災害の災害ボランティアへ行ってきました。
その時の感じた事や内容を報告させていただきます。
読みづらいところもあると思いますが、ご容赦ください。


7泊8日で車中泊(ジムニー)

8月1日の午後1時に出発し、山口県萩市須佐のボランティアセンター(以後はボラセン)へ午後7時過ぎに到着しました。ボラセンは暗くなりかけており給水車が1台いて、ここはまだ断水なんだと再認識でした。
ルートは大周りの小郡ICから9号線を日本海の益田まで行って、191号線で須佐です。土砂くずれで通れない道路も結構あったので、分かりやすい道を選びました。土地勘ないし被災地だし安全策です。
出発まえに道路とゴール地点をある程度、頭に入れておいたのでナビはほとんど必要なかったです。
須佐の手前から道路脇のガードレールや歩道に土や草がひっかかっていて、道沿いの数軒のまえには畳や家具が積まれており、ちょっと予想を下回る感じでした。

とりあえず明日の集合場所は確認できたので、晩御飯の確保と車中泊の場所を決めようと手前の田万川方面へ戻ります。ボラセンのすぐ近くのスーパーへ入り弁当をみると、なんと食品棚になんにも無い。地元の方が数人買い物されてましたが、ジュース類も殆んど無いのです。 ここでボラに来た私が買い物をしてはいけないと思い途中のうどん屋で食事、田万川の道の駅で車中泊することに。そこのコンビニは品ぞろえはしっかりしてたので安心しました。

一番の不安は初めての車中泊と作業服の着替えと洗濯でした。
この暑い時期に この狭いジム二ーで寝ることが出来るのか?蚊に刺されるよなぁ~とか。
出発前に後ろのシートを取り外しなんとかスペースを確保。ホームセンターで網戸の網だけ買ってドアを開けて網を外からかけて、閉める時にドアの上下に網を挟むように閉めて窓だけ開ければ、網戸の出来上がりです。
ただ若干の隙間ができるので、蚊取り線香か虫よけを使った方がいいようです。ただし蚊取り線香は煙いです。

初めての車中泊の夜ですが、なにせ暑い。なかなか眠れず、近くの車(たぶんボラ)も暑いのでしょうか、エンジンをかけたり、切ったりです。網戸状態なので外の音が聞こえすぎる。それでもなんとか眠りついたかと思う間もなく、午前2時過ぎから雨が降ってきた。やむをえず網をたたみ車中へ入り 窓を少しだけ開けていると、雷と強烈な雨が1時間経っても止まず、雨の降り方に怖くなり寝るどころじゃなくなり、ずっと外を見てました。視界が効かないほどの雨がとうとう2時間ほど降り、午前4時過ぎに止みました。その後すぐに防災無線から土砂災害警報が聞こえました。このタイミングでいいの?それとも降ってる最中も放送してたけど雨の音で聞こえなかったのか。最初の夜は ほとんど眠れず朝がきたんです。それにこの場所は川がすぐ横にあることは分かってたので余計に怖かったです。 いきなりの洗礼にかなりへこんでると 大雨の為ボランティア活動は中止の連絡がありました。

教訓 
被災地に入る手前で食糧等は準備しておく。
自分のいる場所は被災地であり、再び起こりうる災害に備え高台への避難ルート等を確認しておく。

その日は田万川社協の明日からのためのお手伝いをさせていただきました。
このあたりでは須佐地区と田万川地区が被災しており、見て回りました。
須佐は河口近くの密集した町全体が家の中まで泥だらけです。
一方 田万川は川の上流地区がやられていて、橋が落ちてる所が多く現場へ行くのに山を二つほど越えていきます。そのためボラセンで受付し、マッチングを受けて現場到着がかなり遅くなります。その日はボラセンは活動中止にしてましたが、田万川の現場へ行くと50~70人ぐらいのボラが作業されてました。ボラセンを通さずに直接入られる方、萩市に直接交渉し入る方などがおられたようです。どこのボラセンも最初はスムーズにいかないものです。慣れないボラセンスタッフも一生懸命されています。スタッフも被災者です。
被災地に行くと壊れた物に目が奪われがちですが、それは重機の仕事。ボランティアが出来るのはそのお家のかたの話をよく聞いて寄りそいながら家具を仕分けしたり、泥を出したりです。お家の方は避難所で寝起きをしながら現場へ通い、心身ともに疲れてます。そこに見た事も無い人が来るのですから、十分過ぎるほどの配慮が必要です。



教訓
災害ボランティアは、ボラセンの指示を待ち自分勝手に動かない。(混乱する元です ただしボラセンが閉鎖後は独自の動きも)
 
ボランティアは帰って行きますが、スタッフもここで生きていくのです。待つのもボランティアのうちです。


あくる日からは、ボラセンも動きだし須佐で二日間、田万川で二日間活動し津和野へ移動しました。


津和野は当初 地区外からの受け入れをしない方針だったのですが、来た人は断らないと教えてくれたので行ってみました。快く受け入れてもらえました。ここは田万川と似た様な被災状況でした。観光地になってる市街地は大丈夫で上流地区・名賀(なよし)が被災してます。迂回路も無く一般車は通行禁止になっており、どこが元の道路か法面か川だったのかが分からない道路をボラセンのマイクロで送迎です。ここではボラの人数も少なかったです。それでも地元の75歳の元気なお父さんも私の居た二日間一緒に活動されてました。年齢、性別、など何にも関係ないです。気持ちがあればいいんです。力なんて無くてもやれることは気持ちがあれば見えて来ます。お家の方も力仕事だけを期待してるわけではないと思います。話を聞いてくれるだけで少し気が楽になります。

教訓
高校生から75歳までの地元のボラが頑張ってるのを見て、体は鍛えておいて損はないです。
この暑い時期は特に汗が出やすい体にしておくと、熱中症予防につながるようです(水分補給はもちろんです)
力が無くてもやれることばっかりです。

ちょっと後半が掛け足になってしまいました。
不安だった車中泊は最後の二晩ぐらいにやっと慣れた様な感じでした。眠かったら少々暑くても、うるさくても寝れるもんです。洗濯は夕方キャンプ場の水道で水洗いし、干しておいて半乾きのまま車の中へハンガーで吊るしておくと活動後にはバッチリでした。

全体を通して思ったこと
地元や他のボランティアに迷惑が掛からないように配慮が必要です。夜は静かに。お酒で自制が効かなくなる方が時々いらっしゃいます。
温泉などを開放してくれてる所もありますが、被災住民が最優先です。混みあってる時は空いてる時間に。
ボランティアという活動に酔うと、自分が偉くなったように勘違いしてしまいがちです。

してあげるという気持ちでは心が通じ合いません。させていただくという気持ちを忘れずに接すれば心も開いてくれると信じてます。

随分 偉そうなレポートになってしまいましたが、私が全てクリアーできてるわけではありません。
こうしたいと思いながら活動することが大事なんだと今回再認識しました。

最後にボラセンスタッフの皆さんと活動されてるボラへ、大変お世話になりました。長期戦に備えお身体大事にしてください。

大分在住  詫間芳春・和美

山口・島根豪雨災害のこと

7月28日 山口県萩市及び島根県津和野で集中豪雨による激甚災害が発生しました

その日 朝から阿蘇神社の御田(おんだ)祭りで神輿を担いだトムさん

ヘトヘトの筈なのに その晩山口へと向かいました

以来 全国から駆けつけるボランティアの面々

昨年の阿蘇同様 大勢の人たちが現在も活動を続けています

そして ZENに集う仲間たちも個人で現地へと向かい

被災者の皆さんの支えになりながら 昨年阿蘇がお世話になった恩返しを

思い思いの形で行なっています



今日は 3日間だけ活動に参加させていただき感じたことを

この場をお借りして報告させていただきたくことをお許し下さい






例年になく酷暑に見舞われている日本列島

大雨に見舞われた地方も その後雨らしい雨も降らず

連日35度~37度という猛烈な気温と舞い上がる埃に悩まされながらも

一歩一歩 少しずつ 復旧活動が行なわれています



ZEN恒例の朝のラジオ体操

活動は身体が資本なので

場所は違っても キチンと行ないます

taisou

(島根県津和野 道の駅なごみの里駐車場にて)

ただし いつもの「おらほ・・・」ではなく 普通(標準語)のラジオ体操です(笑)



初日は 山口県萩市小川地区

この一帯は 川の氾濫による水と土砂の流入です

P1000922.jpg

慣れた手つきで床下にもぐり 泥だしを行ないます

P1000924.jpg

基礎の下の部分がえぐられた家屋や
P1000927.jpg

完全に傾いた消防ポンプ小屋
P1000931.jpg

水の力の恐ろしさが伝わってきます


現場では ケイコが資材の搬送やシャトルバスとして大活躍でした
keiko



翌日は やはり小川地区で 築100年以上の宿屋で家財道具と堆積した泥の搬出作業です

この家は2メートル50センチほどの浸水で 1階部分の天井まで水に浸かりました

この日 2つの高校から団体さんが入り 50名ほどでの作業となりました

1校はソフトテニス部の皆さん

そしてもう1校は 全校生徒に呼びかけを行い

自主的に参加を希望したボランティアの皆さんです

校長先生も同行され 自ら積極的に作業をされていました

P1000941.jpg

人数が多いので 荷物は手渡しでリレーを行ないます
P1000943.jpg


しかししかし あまりの量にみんな汗だく

搬出だけでお昼過ぎまでかかりました

家から出した災害ゴミは 近くに集積
P1000945.jpg

あの当時 阿蘇でもよく見た光景です


家具 家電品 水をたっぷり含んだ布団・着物・掛け軸・宿帳・・・

水を吸った布は 災害から2週間が過ぎ

重さと共に 強烈な異臭を放っていました

暑い中でマスクを装着しての作業は かなりの重労働でした





やっとのことで 泥だし作業へ移行します

P1000947.jpg



15時に時間切れで作業終了

いつものように現場の進捗状況を見てまわるトムさんです

P1000949.jpg




この日は この大所帯の作業指示を任された私

阿蘇での活動が存分に活かされた1日でした

何も知らなかった私を ここまで育てていただき

ZENで関わっていただいた全ての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいでした





そして最終日 車で40分ほどの島根県津和野へと移動

現地で一人活動しているタカくんと合流しました



ここでも作業内容は 床下の泥だし

見慣れた格好の女子が活躍しました

P1000963.jpg




作業の後 タカくんの案内で被災現場を見て回りました



コチラは萩とは違い 阿蘇同様 山が崩れ多くの流木が目に付きます

P1000974.jpg


山間に建つ家は 床上まで泥に埋まっています

P1000976.jpg


鉄道もご覧のとおりです

P1000992.jpg


P1000990.jpg



川沿いの家屋

床板の高さまで ビッシリと土砂が入り込んでいます

P1000996.jpg


P1000997.jpg



川に架かる橋の欄干には 流れてきたものが詰まり

向こう側には 傾いた電柱が・・・

P1010002.jpg



斜面が崩れて一気に流れ出た跡・・・

阿蘇と同じです

P1010006.jpg





今回 短い期間ではありましたが 僅かばかりのお手伝いをさせていただきました

災害の現場は 阿蘇と同様に 一瞬にしてあらゆる物が水に呑まれ

想い出の品や生活の糧が失われました

住む家を失い 避難所で暮らしていらっしゃる方もあります


しかし

住民の皆様は 途方にくれながらも 少しずつもとの生活に近づこうと努力をされています


ちょっぴりですが その手助けをすることができたことを嬉しく思います


と同時に 阿蘇をしっかりと守ってくださっている人たちがいるからこそ

こうやって被災地支援が出来たのだという感謝の念でいっぱいです



それともうひとつは 出逢い

阿蘇や東北で一緒に活動した人達と まったく別の場所での再会

これほど心強いものはありません


そして 新たな人との出逢い

また どこかで逢いましょう 

そう言って別れました


災害が起きなければ会うことのない人々

本当は 会わないのが理想でしょうが

こうやって 絆の輪が広がっていくのだと実感した3日間でした




場所は違っても 想いは同じ

被災者に寄り添いながら 同じ目線で感じることが出来るよう

さらに精進が必要だと感じたあむあむでした






最後に

7.28豪雨災害で被害に遇われた皆様に 心からお見舞い申し上げますとともに

山口 島根 阿蘇 和歌山 岩手 宮城 福島をはじめ 各地の被災地が

1日も早く復旧・復興いたしますように お祈り申し上げます


 

夏男の熱い想いで

暑苦しい男達ですみません、またせんばです。
突き刺さった太陽が僕らをもっと熱くする、今日も一日中ひまわりと戯れる日になりました。
「ひまわり大作戦」です。



連日の猛暑の中、ずっと一緒に大作戦。
宇土のおじさま方ありがとう、僕より熱い。

ほとんどかわり映えのしない作業写真でごめんなさい・・・

朝からずっと宮地ごくらく縁で草刈り・草とりです。



ひまわりが見えんくらいの雑草にヒートアップ。



畦は草刈機で、ひまわりの周りは全て手で抜いていきます。



前日の夕立のおかげですごくやりやすい愉しい!



阿蘇でも気温が高く、休み休みの作業です。
ちょっと笑えないおじ様の冗談も休み休みにして欲しい今日この頃・・・(笑)

お昼過ぎから参加したいと熊本市内の方から連絡があったので、
午前中で畦を済ませ、一緒に仕上げをしようと頑張る熱いおじさま方。
お疲れ様です。

遅めのお昼ご飯を食べて、ちょっと休憩しながら待ちます。
どんな人が来るかドキドキ・ワクワクです。

到着合流して午後の活動開始です。
熊本市内から24歳の先生が来てくれました。



サッカーもやってるそうで体力あり、嬉しいです!

ワイワイ話しながらどんどん進んで捗りました。
傾いているひまわりを支えたり、枯れてきた葉っぱを落としたりの手入れまで。



ありがとうございます!

この「ひまわり大作戦」についての説明や、これまでの活動のことを話すと素敵な笑顔で頷いてくれました。



東北や三重など各地から届いた種のこと
その種を蒔いて育てている場所のこと
僕らボランティアの思い
オーナーの方・地域の方の思い
少しずつ笑顔も咲いていっていること
満開になったらその後、種を収穫して被災した阿蘇から支援に繋げたいことなど・・・


今日もまた、いい日になりました。
みんなで耕した・蒔いた・植えた、草取りしたこの畑で元気にたくさん咲いていってます。

そしてひまわりのように笑顔も・・・
少なくともここにいた僕たち、オーナーの住職さん、道を通りながら声をかけてくださる地元の方々みんな笑顔でした。
もう、それだけで・・・胸が熱くなってきます。



今日も一日、お疲れ様でした。
ありがとうございます!


せんば

はじめの一歩。

こんにちは!(^○^)
昨日ボランティアに参加させていただいた小西です(^^)
普段は熊本市内の学校に通っているのですが
夏休みになり阿蘇に帰ってきたので妹と2人で参加させていただきました(*^_^*)


8/11の活動報告をさせていただきます。
この日の作業は和田さんの家の畑で
石や瓦などを拾う作業をしました。

new_IMG_0124_convert_20130812122128.jpg
20130812113117[1]_convert_20130812122321
暑さと闘いながらでの作業…


new_IMG_0134_convert_20130812122412.jpg
この土砂崩れによって畑に流れ込んだ
大きな石、瓦、ガラス、木…
new_IMG_0141_convert_20130812122507.jpg

new_IMG_0144_convert_20130812122547.jpg
こんな大きな石まで出てきました

new_IMG_0142_convert_20130812122529.jpg
この日の活動でこれだけ進むことができました
私達が作業した部分は白菜を育てるそうです(^_^)
元気に育ってほしいなあ(^○^)

new_IMG_0133_convert_20130812122354.jpg
土砂崩れの下にはまだまだたくさんの家が並んでいます
またいつか大雨でまた土砂崩れが起こったりしないか
不安でなりません。

ダムの建設も着々と進んでいるみたいです
ダムが土砂崩れを止めてくれることを願ってます。
new_IMG_0137_convert_20130812122436.jpg

この阿蘇のすばらしい自然を守っていかなければいけない、守っていきたいと
改めて感じた一日でした

たくさん迷惑をかけてしまいながらも
楽しく充実した活動をさせていただいてありがとうございました!
また参加させてください(^○^)



真夏の暑い思い出

たびたびすみません、せんばです。
突き刺すような太陽と噴火したからなのかモヤっとしている山の下で、今日も一日ひまわりと戯れる日になりました。
「ひまわり大作戦」です。



今日は参加者が5名だったので、泥出し班と二手に分かれました。



午前中は古城ハチロー縁。
先日の続きです。



オーナー夫妻も一緒に間引き・草取り・草刈りを。



・・・男一人と違ってすごくはかどります!
休憩時間にはお茶やお漬物もいただきながら、先日の激しい雨の日の避難についてや今被害に遭ってしまった各地のことなどお話をさせてもらいました。
一年前のご自身のことを思い返しながらのお話でした、ありがとうございます。

お昼前には畑一面だいたい完了です!



暑い中お疲れ様でした。


ベースへ戻って午後の作戦会議をワイワイしながらお昼ご飯。
冷蔵庫にあったもので茄子味噌炒め、美味しくできました!




午後からは、北坂梨の自宅跡地に作った畑で咲いたひまわりの種の収穫を。



初収穫です、まだぎこちない中いろいろ教わりながら。


その後は山田ひまわり縁に行って、現場と図面をてらし合わせて話し合いを。



発芽や成長のむらにも合わせて通路図形を作ってゆくために。

最後は内牧ひまわり縁へ。
古城のように、間引き・草取りを。



はやいのはもうつぼみが開き始めました!
まだ背が低かったり、花が小さかったりですけど、可愛く咲いています。



近くに来た時にでも見て行ってくださいね。


泥出し班の継続していた現場、無事完了したようです。



お疲れ様でした!



若い子や年上の先輩
ずっと活動を続けてくれている仲間
地元の方達

先日ひとりがどうのこうの言っていた事が、なんかどうでもよくなってきました(笑)

今日もいい日になりました。
みんなで蒔いた・植えた、
そして間引いた・草取りしたこの畑に元気にたくさん咲く日を想い描いて。
咲いた後も収穫できて、各地への支援・笑顔に繋がればと願って・・・

ありがとうございます。


せんば

夏の思い出


こんにちは、せんばです。
突き抜ける空と刺すような太陽の下で、一日ひまわりと戯れる素敵な一日になりました。
「ひまわり大作戦」です。
image_20130809154939caf.jpg



古城ハチロー縁
みんなで蒔いた種の発芽率が非常に高く、元気に伸びてほしいので間引き草取りの作業です。
綺麗にだいたい30cm間隔になるように、隙間には移植も。
男一人、午前中の成果です…いまいちです。

image_201308091549415b4.jpg


お昼は畑の近くにあるマルシェでお世話になってる「ヒバリカフェ」さんでテイクアウト。

image_20130809154824fda.jpg

テラス席もあって素敵なお店ですね!
いつもありがとうございます!

image_20130809154942aed.jpg

今回は山の上の涼しいポイントでホットドッグランチ。
独りでも…最高です!

image_20130809154943d79.jpg


お昼からも続きを。
今度は反対側からやってみて、午前中よりも進めようという試み。
何か張合いがあるとそれだけで楽しくなります。
男一人、午後の成果です…ちょっとは頑張った。

image_20130809154940eb9.jpg


途中、地元のHKさんがアイスを差し入れしてくれて生き返りました、ありがとう!
オーナーの奥さんと一緒にお話したり、山口・島根への支援と自分達の活動の事を話し合ったり。


僕一人にできることって、たかがしれていると改めて思う一日でした。
大きなことなんて出来ないけれど、言うほど小さくもない。
積み重ねれば大きくもなるだろうし、少なくとも一人の一日分進みました。

とてもいい日になったと思います。
みんなで蒔いた・植えたこの畑に元気にたくさん咲く日を想い描いて。


せんば

ろんりーろんりー おひとりさま


今晩和
今日はひとりぼっち
おひとりさま


ひとりでもくもく
KI-ホルダーを作ってみたり、
テレワークセンターに行ってタッパ返したり
社協に行って災害車輌のコト聞いてみたり
KI-ホルダー作ってみたり
KI-ホルダー作ってみたり
KI-ホルダー作ってみたり


今日はおひとりさま
KI-ホルダーつくりのMonday



いくちゃん*

いま、阿蘇に立って想うこと


朝から雨が降ったり止んだりの阿蘇。
今日の午前中の活動は「阿蘇マルシェ」組と、「ひまわり大作戦」組のふたてに分かれました。
ひまわり大作戦」組のせんばです、もう八月ですね。
ブログ書くのはお久しぶりです。

昨日に引き続いて山田ひまわり縁の散歩道作りです。

IMGP3346_20130805152312b59.jpg

先週、ASOVOさんと一緒に作った図面を畑の中に実際にに描いて、道になる部分に生えている若葉を道のラインや種が発芽できなかった隙間の部分に移植していきます。
発芽した芽の間隔が狭いものも、優しく取り分けて隙間に移し替えます。
足りない分はベースで育てた苗を持って行って植え付け。

ついでに役目を終え枯れてきた最初の双葉をよく成長してくれるよう取り除いてあげたり、
まわりに生えてきた雑草をとったり、
これから畑やひまわりがどうなっていきたいか思い描いてみたり・・・

IMGP3365.jpg


途中、ザァっと降って雨宿りというハプニングも・・・
山の天気、阿蘇ではよくあることです(笑)
手を休めながらみんなでいろいろおしゃべりしたり、その時間も楽しみの一つです。
メンバーが口を揃えて言うのは「阿蘇が好き」という言葉。

IMGP3363.jpg

どこが好きなのか聞いても明確な答えを持っていない場合も多いです・・・
この素晴らしい景色・空気・温かい方達の中にいるのに、そんな質問自体が意味のないことなのかもしれないです。

二日間で無事に二枚目の畑の道作りも完了しました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
また今度の週末も晴れたら残りの一枚や、内牧・宮地・古城の間引きや苗の植え付け草取りなどやっていく予定です。
興味のある方、また続きしたいという方、一緒に咲かせたいという方、簡単な作業なので気軽に参加してください!


先日、一緒に苗植え・種まきをしてくれた付属中のみんなからお礼の手紙が届きました、ありがとうございます!
僕らが思っている以上のことを感じて帰って、色々と考えてくれているみたいで嬉しかったです。
これからも手応え・実感を掴んでいって、若い感性・発想・行動力で、何かを変えたり・創り出していってほしいです。

IMGP3377.jpg

報告・お礼が少し遅くなってしまいました、すみません。
また咲く頃や種の収穫の頃にでも遊びに来てくださいね!

ベースに戻って「阿蘇マルシェ」組と合流、みんなでお昼ご飯。
午後からは雨が降り続いて雷も鳴っていたので、外での活動は中止になりました。
熊本市内は激しく降っていると連絡が入ったので、皆さん早めに解散しました。



残ったメンバーでいろいろ打ち合わせを。

進行中の企画「ひまわり大作戦」「kirokuプロジェクト」などの今後の事、
現場での活動やZENの在り方、
そして、山口・島根の大雨被害の支援について話し合っています。
直後にトムさんが現地入りして、その後ZENで活動するメンバーも駆けつけています。

本日も一人、必要になってくる物等を積んでベースから出発していきました。
現地で汗を流し活動をしている方も少しでもバックアップ出来ればと、
飲料水やテント、マスク・蚊取り線香・石鹸など。
提供してくださった皆さん・阿蘇社協さん、ありがとうございます。

IMGP3370.jpg


あっちで活動しているメンバーと連絡を取り合い、
状況や必要なもの等最新の情報を交換して、
ここ阿蘇から支援できたらと思って動いています。

今すぐにでも飛んで行きたい気持ちもありますけど・・・
自分たちの足元もしっかりと固めて、活動も継続しながらという形での支援。
だからこそ出来る事もあると思います。
一年前の阿蘇を思い出して、各地からのあたたかい気持ち・支援に支えられて今があります。
今、ボランティアセンターが立ち上がって人が集まっていって、現場も前へと進み始めて・・・
そのもうちょっと先にどうなっていくのかも、自分たちなりに想像していって。
その時にも支援が必要なら出来ることをしていきたいと思っています。

IMGP3374.jpg


被災地での活動・移動中などの事故がないよう、
そして被災された方達の笑顔が戻るよう阿蘇から祈ってます。


IMGP3360.jpg


せんば

2013/8/3活動報告

今回のブログはボランティアに参加させていただいた熊大3年の楠田が書かせていただきます!



天気ですが、午前中は曇っていましたが午後からは太陽がガンガン照り付け暑かったです…。

さらに日焼け止めを塗り忘れたため、顔と腕がこげてしまったことは言うまでもありませんね。


私たちは大学の掲示板を見てZENへ初めて参加しました。

午前中は納屋の後ろに入り込んだ土砂の撤去作業。



土砂を掘っていくと川から流されてきたようなゴミや大きな礫石がたくさん埋まっていました。



力作業が中心でしたが、たくさん汗をかいてお手伝いさせていただきました(^O^)

その作業場からベースへの帰りの車の中で土砂崩れのおこった現場近くに連れて行ってもらいました。

実際にまだ残っている災害の爪痕を目の当りにし、付近に住む方に少しお話を伺った災害の悲惨さに言葉が出なくなりました。



去年の今頃はもっとひどかったのだろうと考えるとなぜ早くからボランティアしなかったのだろう、と後悔の念に駆られます。



でも昨日の活動でいまさらですが気づくことができたのでよかったです。



昼ごはんはボランティアに初参加した二人でちょっと贅沢に。



お祭り中の門前町のはなびしさんで牛カツ丼をいただきました(*^^*)





午後の活動はひまわり大作戦のお手伝い。

ひまわりを見に来られた方が畑の中に入って見れるように通路を作るのと、ひまわりの間引き・植え替え作業、雑草取りをしました。



個人的には畑仕事をちょっとだけやってみたかったのでとても楽しかったです!!

ひまわり大作戦の目的をきいたときはとても感動しました。

花が咲いたらきっと見てくださる方々の笑顔も咲くと思います♡

私たちも花が咲いたら見に行きたいです。


一日活動に参加させていただいて、もちろん大変なこともありました。

暑い中の作業や力仕事は普段することがないので…



汗もたくさんかき、土で汚れ、腰も痛めました(ToT)



しかしそれ以上にたくさんの方との出会いや、作業をした達成感が得られました。

きついことがきついと思わないくらい楽しかったんです。

今、山口や島根では災害への復興が行われています。

私は行くことはできないですが、自分にできることはないか模索を始めています。

これもこの活動で得た収穫だど感じています。


また参加させていただきます。
1日お世話になりました。ありがとうございました!!



長文・駄文失礼しました。

ひまわり大作戦・・・その後

先月15日 古城ハチロー縁と内牧ひまわり縁で

中学生160人がお手伝いしてくれた「ひまわり大作戦」


その行事に参加した一人の投稿が 

本日の熊本日日新聞に掲載されました

P1000914.jpg



・・・・・・・

昨年の災害による瓦礫を取り除く畑の整地に始まり

現地の方と交流しながら2時間半かけて

その区画を種と苗で埋め尽くすことができた

次の場所へバスで移動する時 車窓から見えたのは

緑の山肌を走る何本もの茶色い亀裂

土砂崩れの跡である

その横を通った時 騒がしかった車内が急に静かになった

誰もが息をのんで山を見つめていた

あらためて自然災害の恐ろしさを感じた瞬間だった

1年余りたった今も 仮設住宅での生活を強いられ

家族が見つからないなどの悩みを抱えて生きている方が同じ熊本にいる


阿蘇の復興がヒマワリのように明るく進むことを願っている




文章はそう結ばれていました


みんなで一生懸命に植えたひまわりの子どもたち

阿蘇の広い大空へ向かって 大きな花を咲かせてほしいものです



それにしても 

土いじりもあまりしたことがないような現代っ子に見えたけど

実に感受性が高くて 真実をみつめる正しい目は備わっていました

この文章をよんで 「ひまわり大作戦」は間違っていなかったと感じました

この子供たちの心の中には

自然災害の恐怖

被災者を想う優しい心

復興を願う希望の光

そして地域とのつながり

そういったものが立派に芽生えています 


阿蘇のひまわりとともに

子どもたちの心も大きく成長することを願ってやみません



P1000901.jpg

P1000878.jpg



それにしても 各地で豪雨による災害が続いています
先日からトムさんも 山陰地方へ入って走り回られています
現地では相当の被害がでているようです
多くの人の力が必要です
もし余裕がある方は 被災地へ赴いていただければ有難く存じます
現場はまだまだ危険な状態です
くれぐれも無理をせず ボランティア保険のご加入もお忘れきように
水もかなり不足している状況です
余裕ある準備をおこなって下さい
また 道路も寸断されていて アクセスがかなり制限されています
最新の情報を入手して安全に移動をしてください

今回の豪雨災害で被害にあわれた方々に
心よりお見舞い申し上げますとともに
これ以上被害が広がらないことをお祈り申し上げます


あむあむでした



2013/08/01 活動報告

2013/8/1(木曜日) 天候:晴れ

本日の参加者。。。一人。
それでも『災害ボランティアベースZEN』活動中です。
DCF00165x.jpg 


本日の現場は昨年の災害時に納屋の裏側に入り込んだ土砂の除去作業です。
先日も4名のボランティアが作業を行い1/3程度の土砂が除去済みです。

<本日の作業前>
DCF00162x.jpg 

水分を含んだ土砂・水道管・ガードレール(?)・石等が埋もれており
サクサクとは捗らないでしょう。。。
一人で作業する作戦を練らなくては!

① 手前にネコ(一輪車)を置く。
② 三本鍬で土砂(高さ1メートル強)を手前に掻き出し山を作る。
③ 土砂と掻き出した山の間に入り剣スコップでネコに積み込む。
④ ネコの土砂を納屋横に捨てる(一時保管)

①~④の繰り返しで少しづつ土砂を除去します。

納屋と石垣の間で風が通らない場所なので玉のような汗をかき
タオルも作業服もビショビショ!
まめに水分も補給し今日は2リットル以上飲んじゃいました。

納屋の中でお昼寝をしていた猫の親子からもニャー(がんばれ!)という
声援をもらい概ね1/3の土砂を除去できました。

<本日の作業後>
DCF00156x.jpg 


残り1/3です。
大きな石(岩?)が見えだしたので次回作業時にはバールが必要です。

作業で汚れた機材を近くの小川で洗った後に家主さんに進捗確認を
して頂きしばし談笑し本日の作業終了となりました。

最後に、
同じ空のもと各地で活動されているボランティア・諸機関の方々、暑い中ご苦労様です。
体調管理には十分に留意され被災地の一刻も早い復旧・復興に寄与されるよう
阿蘇の地よりお祈り致します。

本日のブログ担当:West  Island


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 阿蘇(郡)・阿蘇(市)情報へ
にほんブログ村

ボランティア ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。